クラブW杯決勝謎の判定シーン動画!なぜ誤審とされないの?

この記事は2分で読めます

こんばんは^^

今日は大学時代によく通っていた、
懐かしのお蕎麦屋さんに行ってきました★

大学のすぐ近くにあるお店で、
学生時代にはお昼休みによく食べに行ったりしていましたが、
卒業後はパッタリ行かなくなってしまいました。

今日は大学時代の友人と集まったこともあり、
そんな思い出のスポットを久々に訪問!

相変わらず、美味しいお蕎麦で大満足です^^

しかし、ボリュームが多く感じた(・Д・)ノ

学生時代にはペロッと食べていた量が
食べられなくなってしまったということかな?
それともお店のサービス精神がアップしたのか?

よくわかりませんが、美味しいのに完食できないという悔しい結果に終わりましたm(_ _)m

また出直します!!!笑

さてさて、今夜はクラブW杯決勝戦が行われましたね!

レアル・マドリードVS鹿島アントラーズ

こんな大きな大会で日本のチームが決勝で戦うということもあり、かなり注目の試合でした!

しかし!!!

選手たちよりも注目を集めている人物がいます!

主審のジャニーシカズ氏です!

審判がおかしい!と話題になっております(・Д・)ノ

この試合を見逃してしまったので、何が起きたのだろう?と思って調べてみました!

スポンサーリンク

どんな試合だったの?

2016年12月18日に、FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝、レアル・マドリード対鹿島アントラーズが行われました。

延長戦までもつれ込む、接戦にっ!

激闘の末、最後はレアルが4-2で5度目の世界一となりました。

こんな大きな大会の決勝で、日本の鹿島アントラーズが戦うとなったら注目ですよね!
(わたしは見逃してしまいましたが…)

勝敗については、終わってしまったことなので、なんとも言えませんが、
試合中にあった主審の謎の判定に疑問の声があがっています。

主審の判定とは?

まず、話題になっている主審とは、 ジャニー・シカズ氏という方です。

どんな判定がされたのでしょうか?

だいぶ疑問の声があがっております(・Д・)ノ

後半45分にDFセルヒオ・ラモスが、カウンターに出ようとしたFW金崎夢生が反転したところをファウルで引き倒した。するとシカズ主審は、カードをしまっている胸ポケットに手を上げて、イエローカードを出そうとした。

ここまでは、よかったんです。
普通の流れ。

…しかし、なぜか、この出そうとしたイエローカードを引っ込めてしまったんです(・Д・)ノ

もちろん鹿島アントラーズは猛抗議をしましたが、状況は変わりませんでした。。。

スポンサードリンク

判定の様子は?(動画)

謎の判定をしたシーンがこちらです。

なぜ誤審とされないの?

この判定に対して、鹿島を応援する日本人だけではなく、
スペインの元審判の方も誤審であると判断しているようです。

スペイン『マルカ』もこの場面を取り上げている。『ラジオ・マルカ』にコメントした元審判員のアンドゥハル・オリバー氏が「明らかなレッドカードで退場にする必要があった」と主張したとし、誤審でだったと報じている。

スポーツのルールはよくわかりませんが、
やっぱりその試合の審判がいうことは絶対なのかな?

2枚目のイエローカードを出す/出さないで試合の結果が大きく変わっていたと思えるだけに、何とも悔しい気持ちになります(;_;)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。