ブアカーオ(元K-1)が僧侶になった理由は?現在&過去の画像も!

この記事は4分で読めます

こんにちは、佐吉です^^

今日は朝から目が覚めるような話題を発見しました!

Yahoo!のリアルタイムのランキングに
見慣れない単語があり、
気になって調べてみました。

その単語とは、、、

『ブアカーオ』

なんだろう…?

と思ったところ、

元K-1王者が
僧侶になっているらしい

ということでした(・Д・)ノ
 
K-1選手と僧侶って
ギャップがありすぎて
驚き(・Д・)ノ

彼にいったい何があったのでしょうか?

そして、
彼のプロフィールについても
調べてみました★

スポンサーリンク

ブアカーオ選手とは?プロフィールを調査!

『ブアカーオ選手』って
みなさんご存知ですか???

わたしは、ツイッターや
Yahoo!で話題になっていたことで、
初めて知りました!

わたしと同じような状況の方のために、
簡単にブアカーオ選手のプロフィールを
まとめてみたいと思います。
 


 

【本名】
ソムバット・バンチャーメー
(Sombat Banchamek)

【誕生日】
1982年5月8日
→2017年で35歳

【身長】
174cm

【体重】
68kg

【出身地】
スリン県

【国籍】
タイ

【階級】
ミドル級(K-1)

【スタイル】
ムエタイ

【通称】
ザ・パーフェクト
ムエタイ最強王者
絶対王者

 
ざっくり言うと、
タイのムエタイの選手なんですね(・Д・)ノ

そして、
【通称】のところに、
『絶対王者』・『最強王者』
とあるように、

かなり強かったということですね(・Д・)ノ!!!
 
こんな動画も発見!!!
 


 

ひよこ
めちゃ強い…

ブアカーオの成績

229試合
196勝21敗12分け

勝率に換算すると…

85.5%!!!!

めっちゃ高確率で
勝利を収めています(・Д・)ノ!!!

そりゃあ、
絶対王者と言われますね。

そんなブアカーオ選手に
勝利をした日本人選手もいます。

2007年の K-1 WORLD MAX 2007の
決勝戦で魔裟斗選手と対戦。

1Rに右ストレートでダウンを奪われ
判定負けをしてしまいました。

これによって、
3度目の王者への道が
閉ざされてしまいました。

(とは言っても、
2004&2006は王者として
輝かしい成績を残しています)

ブアカーオは結婚してるの?

元k-1ファイターで
絶対王者と言われるだけの
成績を残したブアカーオ選手。

そりゃあ、
国籍問わず世界中に
女性ファンがいるのではないでしょうか?!

…でも、
僧侶になったということは、
結婚していないのだと思われます。

ウィキペディアによると、
好みの女性のタイプは
『深田恭子』さんらしいです(・Д・)ノ
 


 
めちゃキレイ&可愛いですもんね(・Д・)ノ
 
現在35歳ということですから、
まだまだこの先、
結婚する可能性は大ですね。
 
深田恭子さんのように、
キレイでスタイルが良くて、
笑顔が素敵な女性…

そんな女性と結婚するのかな…

なーんて妄想しちゃってます。

スポンサードリンク

現在の僧侶姿の画像は?

さて、
気になる僧侶姿の画像が
こちらです!
 


 


 

ひよこ
えええ?!?!
アルパカ
めっちゃ強そう!!!
 
ひよこ
こりゃ話題になるわけだ…!
 
ちなみに、
ムエタイやっていた頃の写真がこちら。
 


 


 
もともと筋肉モリモリですが、
現在の写真をみると
さらに磨きがかかったような…?
 

ひよこ
映画のキャラクターみたい!
アルパカ
ヒーロー的な???
 
僧侶って聞くと、
静かにお経を唱えているようなイメージだし、

食事もすごくシンプルで
粗食ってイメージなので

ここまでガタイが良い僧侶をみると
ほんとギャップがありすぎて
笑っちゃいます。
 
全く新しい世界でも
注目を集めるブアカーオ元選手。

今後の様子も
気になりますね!

なぜ僧侶になったの?

さて、
K-1の元王者が
どうして僧侶になったのでしょうか?

スポーツの道とは
かなり違うと思うのですが…???

調べてみたところ、、、

なんと…!!!

期間限定の僧侶のようです!!!
 

ひよこ
そんなことあるの?!?!
 
アルパカ
あるんです。
 
プロフィールにもあった通り、
ブアカーオ選手はタイ国籍。

昨年、
タイのプミポン国王(ラーマ9世)が、
亡くなってしまいました。

そして、
タイでは今も国葬の儀式が行われています。

ブアカーオ選手も
国王への追悼のために
短期ではあるが仏門へと入り、
髪の毛とまゆ毛を剃って
修道院で生活をしているそうです。
 
プミポン国王って、
偉大な人物なんですね…!
 
期間限定の僧侶ってのも
かなり斬新に感じますね。

そして、
この追悼の期間が終わったら、
再び格闘技に復活するのでしょうか?

いつ頃復活するのかな?

今後の活躍にも注目ですね!

それでは、
最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)