アロマ検定2級と1級どちらを受験すべき?費用や試験の違いは?

この記事は4分で読めます

こんにちは、佐吉です^^

今日は天気がいいですねー!
引っ越してからベランダが広くなったので、
存分に外に洗濯物を干して気分が良いです♪

花粉の影響は気になりますが、
やっぱり外に干した方がカラッと乾くし、
お日様の匂いというのでしょうか?
なんか、いい匂いしますよねー★

あっという間に乾いちゃいそうだから、
調子に乗ってもう1ラウンド
洗濯しちゃおうかな?!

さて、最近電車のなかの広告で気になっているものがあります。

『アロマテラピー検定』

という広告が貼ってあって、
どういうものなのかなー?と気になっていました。

もともと、匂いには敏感だし、
いろんな匂い嗅ぐのが好きなので(変態?)
もちろんアロマも好きで、
自分で気分転換やリラックスのために使用しています。

だから、なんでわざわざ検定試験なんてあるのか、
よく意味がわかりませんでした。

好きな匂い(香りというべきかな?)を
好きなように部屋に漂わせておいたら
いいじゃないか!ってね。。。笑

しかし、ちょっとしたことがきっかけで、
今、猛烈にこの検定を受けたい気持ちになっています。

この感情のままに受験申し込みをしても
良いものなのか?と若干冷静な気持ちが残っていたので、
申し込みの前に、気になることを幾つかリサーチしてみようと思います。

わたしと同じような疑問を持っている方もいると思いますので、
何かのお役に立てばと思い、ここに記事として記しておきます^^

スポンサーリンク

アロマテラピー検定

『アロマテラピー検定』という言葉だけ聞いて、
何をイメージしますか?

わたしは、エッセンシャルオイルとかの香りをかいで、
それは何なのかを当てるクイズ的なものをイメージしました。

そして、アロマデフューザーとか
エッセンシャルオイルなんかは
雑貨屋さんでも売っているんだから、
わざわざ検定試験なんて受けなくても、
好きなように使えばいいじゃん!

むしろ今までフィーリングで使ってきましたけど何か???

という『自分には必要ない・関係ない』印象でした。

実際に、このアロマテラピー検定自体は、
何かの資格というわけではないし、
アロマを楽しむことは誰でもできることです。

じゃ、どうして勉強してテストを受けるのでしょう???

実は、この検定試験の先に アロマに関する資格があるからのようです。

(詳しくは別の記事にまとめますね。)

とりあえず、アロマ検定には 1級と2級があります。

まずはその違いについて見てみましょう・

スポンサードリンク

1級と2級、どちらを受けるべき?

だいたいの検定試験にはレベルがありますよね。
このアロマの検定も同じです。

2級は、個人がアロマを楽しむにあたって
基礎的な知識や正しい利用法などについて学ぶことが目的です。

個人的な印象としては、自分が楽しむぶんには
すでに楽しんじゃって満足しているから
別にわざわざお金を払って受験しなくてもいいかなーと感じました。

そして、 1級は、自分だけではなくて、
家族や周囲の人々とともに楽しみ
健康維持のために用いることが目的です。

また、アロマテラピー検定 1級を持っていると、

*アロマテラピーアドバイザー

*アロマテラピーインストラクター

*アロマセラピスト

*アロマブレンドデザイナー

*アロマハンドセラピスト

という、資格試験を取ることにもつなげられるんです。

わたしは、このアロマハンドセラピストという資格に興味があるんですよねー。

家族や友人に正しくアロマを使って
ハンドマッサージをしてあげられたら
なんか良くないですか???笑

気分が落ち込んでいる子や疲れている人に
ちょっとした癒しの時間を与えられたら
幸せじゃないですかー( ´ ▽ ` )ノ

フツーに話を聞いてあげたり、
肩たたきをしてあげたりでもいいと思うんですけど、
こればっかりは直感的にいいな!と思ってしまったので
うまく説明はできないのですが、やってみたいんです。

だから、検定を受けてみようと思いました。

(説明がザツですみませんm(_ _)m)

費用や試験内容の違いは?

さて、わたしの目指すべき検定は1級であることはわかったのですが、
2級に合格してから1級を受験したほうがいいんですかね?

それともいきなり1級受けても大丈夫なのかな?

調べてみたら、 どちらを受けても大丈夫だし、
なんなら 併願もできるみたいです。

かなりウェルカムな感じですね。笑

■費用の違いは?

受験費用は1級も2級も 各6480円(税込)です。

ちなみに、併願だと 12960円(税込)です。

はい、単純に2倍になっただけー。
特に併願だと割安というわけでもないすね(・Д・)ノ

個人的には、ちと高い印象です。
資格じゃなくて、検定なのに…

他の検定を受けたこともあまりないのでわかりませんが、
こんなもんが相場なんですかねぇ?

そして、受験のためには公式のテキストを勉強する必要があります。
このテキストの中から出題をされるため、
受験をするなら購入は必須でしょう。

2級テキスト:2160

1級テキスト:3456

ここでやっと差が出てきましたね。
1000円ちょっとの差ですね。

ちなみに、こんなセットを発見しました。

テキストだけじゃなくて、
エッセンシャルオイルも付いてくるんですねー。

ちょっと欲しくなっちゃう( ´ ▽ ` )ノ

■試験内容や合格率の違いは?

費用はどちらを受験するとしても
受験料とテキストで1万円弱というところですが、
受験するからには合格せねばなりませんよね!

試験の内容には2級と1級でどんな違いがあるのでしょうか?

★2級出題範囲

・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
・アロマテラピーについて
・精油の基礎知識
・精油のプロフィール(対象10種類)
・安全な精油の使い方
・アロマテラピー利用法
・アロマテラピーの歴史
・アロマテラピーと地球環境 など

*香りテストの対象となる精油
・ イランイラン・ ペパーミント・ オレンジ・スイート・ ユーカリ・ ジュニパーベリー・ ラベンダー・ ゼラニウム・ レモン・ ティートリー・ ローズマリー

*出題数:55問

引用

★1級出題範囲

・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
・アロマテラピーについて
アロマテラピーのメカニズム
・精油の基礎知識
・精油のプロフィール(対象30種類)
・安全な精油の使い方
・アロマテラピーの利用法
アロマテラピーと健康
・アロマテラピーの歴史
・アロマテラピーと地球環境
アロマテラピーに関係する法律 など

*香りテストの対象となる精油
・ イランイラン・ フランキンセンス・ オレンジ・スイート・ ペパーミント・ カモミール・ローマン・ ベルガモット・ クラリセージ・ ユーカリ・ グレープフルーツ・ ラベンダー・ ジュニパーベリー・ レモン・ スイートマージョラム・ レモングラス・ ゼラニウム・ ローズマリー・ ティートリー

*出題数:70問

引用

ピンクの文字の部分が、
2級にはなくて、1級にある内容ですね。

また、精油のプロフィールというのは
2級では10種類なのに対して、
1級では30種類が対象となっていますね。

そして出題数も1級の方が多いですね。

うーん、でも、どうせ覚えるんだったら
最初から1級の勉強をしちゃったほうが
早い気がするなぁー。。。

2級の勉強をしたとしても、
試験を受けるのはお金が勿体無い気がしてしまう。

ちなみに、気になる 合格率ですが、
1級、2級ともに 90%とのこと!!!

合格率、高いな!笑

合格のラインは、正答率80%だそうです。

受ける人が優秀なのか、
試験がそこまで難しくないのかは
受験したことない私にはわかりませんが…

どうせ受けるんだったら1級でしょ!
と個人的には答えが出てきました。

でも、基礎を確実に押さえてから次のステップへ進みたいという人は
2級から受験しても良いかもしれません^^

あなたはどちらを受験しますか???

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)