アロマの検定・資格にかかる費用は?取得条件や手順も確認!

この記事は4分で読めます

こんにちは、佐吉です^^

今日は久々に自宅でゆっくり過ごす休日です★
掃除と洗濯して、ご飯を食べて…
なんとも平和な一日です^^

人によっては退屈と感じるのかもしれませんが、
一人で家でゆっくり過ごすのも
結構贅沢な時間だとわたしは感じています〜

よく、「家で何してんの???」
って友人から引きこもり前提で質問されますが、

好きな音楽聴いたり、本を読んだり、
布団を外に干したり、
干したばっかりの布団で昼寝したり。笑

本人としては、けっこう充実しているつもりなのですが、
周りのアクティブ女子から見ると
引きこもってる子という印象らしいです。

普通に友人とご飯行ったり、
週末に旅行したりすることもありますよ。
まぁ、別にいいですけど〜

引きこもりついでに、最近、
勉強しようかな!って気持ちになっています。

『アロマテラピー検定』

なるものを受験してみようかなと( ´ ▽ ` )ノ

>>詳しくはコチラ

この検定の他にも、アロマに関する資格もあるみたいなので、
その資格の取得方法や難易度、費用なんかを調べてみました★

スポンサーリンク

アロマに関する検定や資格の種類と費用

最初、電車のなかで『アロマテラピー検定』という広告を発見して
とっても興味を持ちました。

もともと匂いには敏感で、
普段の生活のなかで楽しくアロマを使ってました。

しかし、調べてみるとアロマに関する資格もあることを知ったので
こちらにまとめてみますね^^

■アロマテラピー検定2級

アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を習得。

受験費用:6480円(税込)
公式テキスト:2160円

■アロマテラピー検定1級

アロマテラピーを家族や周囲の人々とともに楽しみ、健康維持のために用いる知識を習得。

受験費用:6480円(税込)
公式テキスト:3456円

2級と1級、どちらを受験するか迷ったら
>>コチラをご覧ください。

スポンサードリンク

■アロマテラピーアドバイザー

アロマテラピーの基本知識を正しく社会に伝えることができる能力を認定する資格です。
精油の正しい使用方法やアロマテラピーに関する法律の知識を習得し、安全なアロマテラピーの楽しみ方を一般の方にアドバイスできる専門人材です。

引用

このアロマテラピーアドバイザーになるには
いくつかの条件があります。

条件や手順、それに伴う費用を確認しましょう。

★資格取得条件
1. アロマテラピー検定1級に合格していること
アロマテラピー検定に関する費用は上記の通りです。
受験料とテキストで大体1万円くらいですよね。

まずはこの1級の試験に合格しないと始まりません。

2. AEAJの会員であること
さて、AEAJとは何でしょうか???

Arina Environment Association go Japan

日本名称は『公益法人 日本アロマ環境協会』というものです。

会員になるのに入会費と、年会費がかかるようです。

入会費:1万円
年会費:1万2千円(※毎年かかる。)

毎年1万2千円もかかるんですねー(・Д・)ノ
ちと高いと感じてしまうー!

12か月で割れば、まぁ月に1000円ですけど、
これがずっと続くと思うと、
気軽には手を出せませんね(・Д・)ノ

>>入会手続きはコチラから。

3. アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講し、履修証明書を提出すること

試験ではなく、講習会を受講するんですね。

ちなみに講習会を受講するのにも、
もちろんお金がかかります。

講習時間:3時間
受講料:5,140円(税込)※テキスト代 540円を含む

けっこうかかりますねぇ〜。

4. 資格登録手続きを行うこと

そして、最後に登録手続きをして完了ですね。

しかし、この手続きにもお金がかかります(・Д・)ノ

資格登録認定料:10,260円(税込)

なんだかんだ、けっこう費用がかかりますね(・Д・)ノ
びっくり!!!

検定1級取得に約1万円、
入会・受講・登録するのに2万5400円!
※毎年、年会費1万2千円かかる。

これは、ちょっと気軽には出せないなぁー。
この資格を取って仕事をするのなら、
安いと感じるのでしょうけど、
わたしは個人の趣味レベルで取得しようかと考えているので、
毎年お金を取られるのは痛いなぁー。

でも、この月に1000円で自分の可能性を広げられるなら
そこまで高くもないのかなぁ???

まぁ、資格は持ってるだけじゃ意味がないってことですよね。
使ってなんぼですね。

取得するかどうかは、
まず、アロマテラピー検定の1級に
合格してから悩むことにします。笑

■アロマテラピーインストラクター

アロマテラピー教育のスペシャリストとして、安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力を認定する資格です。精油の専門知識に加え、健康学や解剖生理学、メンタルヘルスなどに関する知識を習得し、アロマテラピーの健康維持への役立て方や幅広い利用法を指導できる専門人材です。

引用
こちらも資格取得について
手順や費用がややこしいので
ひとつずつ確認しましょう。

★資格取得条件

1. アロマテラピーインストラクター試験に合格すること

受験条件
 1-1. AEAJ会員であること
 1-2. アロマテラピーアドバイザー資格を取得していること

ここまでは先ほど手順を確認しましたね^^
アロマテラピーアドバイザーよりも
さらに上のレベルの資格ということですね。

 1-3. 認定スクールでアロマテラピーインストラクター必須履修科目を修了し、履修証明書を提出すること

これも時間とお金がかかりそうですね。
でも、試験というよりは講義を聞く感じなのかな???

認定スクールというのは、AEAJに認められていて提携している
各地にあるアロマのお店ということみたいです。

そのお店(認定スクール)に連絡をして、受講するそうです。

では、どんな勉強をするのでしょうか???

勉強のカリキュラムが2種類あるようです。

★標準カリキュラム

受講時間:48時間以上
対象:試験の出題範囲の全てを体系的に学習したい人

>>具体的な科目についてはコチラをご覧ください。

★必須履修科目のみ受講
受講時間:25時間以上
対象:試験の受験条件となる必須履修科目のみ受講したい方
※受験条件は満たすけれど、必須履修科目のみの学習で資格試験の出題範囲の全ての科目を学習することはできない。

>>具体的な科目についてはコチラをご覧ください。

どちらかの方法で履修を終えると、
認定スクールから「アロマテラピーインストラクター必須履修科目履修証明書」が発行されます。

ちなみに、この受講費用は認定スクーによって様々なようで
実際にいくらくらいかかるのか、
今のところ情報をゲットできていませんm(_ _)m

履修証明証の有効期限は10年!
この期限内にアロマテラピーインストラクター試験を受験する必要があります。

受験するのにもお金がかかります。

受験料:5140円

どんな資格もそうなのかもしれませんが、
けっこうお金がかかりますね。

2. 資格登録手続きを行うこと

またしても登録料が取られますね(・Д・)ノ

仕方のないことなのですが、
お金に余裕のないOLは、ビビります(・Д・)ノ

登録料:10260円

■アロマセラピスト

■アロマブレンドデザイナー

■アロマハンドセラピスト

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)