ESTA(エスタ)の登録申請方法や費用は?アメリカ旅行の前に確認!

この記事は3分で読めます

こんにちは、佐吉です^^

あと2週間後、夏休みにアメリカ旅行の予定があって、すごく楽しみにしています♩

すでにエアチケットを取ったし、海外旅行保険にも入ったので、あとは荷造りをして行くだけ!と思っていたのですが、 エスタ(ESTA)という超重要な手続きが事前に必要だということを知ったので、記録に残しておこうと思いました。

私のように、

アルパカ&ひよこ
え、なにそれ?
と思った方のお役に立てば幸いです…

スポンサーリンク

ESTA(エスタ)とは?

普段、全く耳にしたことのない言葉ですが、エスタ(ESTA)とはアメリカの電子渡航認証システムのことで、Electronic System for Travel Authorizationの略。

アメリカに入国する人のなかに、危険人物が含まれていないかどうかを、渡航の事前にアメリカが確認するために導入されたシステムとのこと。

自ら、自分は危険人物ですよ〜って申請する人もいないと思いますが…

ESTA(エスタ)登録の必要がある人とは?

アメリカに旅行で訪れるって人のなかに、どれほど危険な人物が含まれている可能性があるんででょうね…?

私自身は、全く悪いことするつもりないのですが、それでも登録をした方が良いのでしょうか…???笑

登録しなきゃいけない人は、どんな人なのか、調べてみました!

★アメリカにビザ無しで90日以内の旅行(Tourist)又は商用(Business Visitor)を目的に渡航する人が申請する。

※対象国籍が定められていて、日本人はESTAを利用してアメリカへ渡航できる。
※対象国籍以外に属する人は、90日以内であっても、ビザの申請が必要。

ひよこ
…日本人でよかった〜^^
 
アルパカ
わたしも登録しなきゃだめなんだ…
 
ということで、エスタの登録をやってみようと思います。

スポンサードリンク

ESTA(エスタ)登録のタイミングはいつ?

アメリカに90日以内の旅行で訪れる際には、エスタに登録しなければならないということはわかりました!

では、いつ申し込めば良いのでしょうか???

→基本的にアメリカ渡航の 3日前(72時間)までに登録することがオススメされています。

でも、急にアメリカ行きが決まったりした場合や、登録を忘れていたなんて場合もあると思います。
そういう場合には、搭乗手続きをするまでに登録を完了させれば渡航は可能とのこと。

★一度許可されたら 2年間(またはパスポートの有効満了日、どちらか短い方)は有効!
期間内であれば、何回でも利用できるので、渡航する度に登録をする必要はない。

登録の方法は?

こちらのサイトから登録の申請ができます。

>>申請はこちらから

他にも、似たような登録の代行サイトがあって、そこでは高額な手数料を取られたりすることもあるらしいので、ご注意ください。

わたしの友人は、7万円以上を請求させそうになったと言っていました(・Д・)ノ
(途中で気がついて、最後までは手続きをしなかったそうですが。)

名前や旅券番号、住所などの基本的な個人情報を入力していけば申請ができました。

日本語や英語など、言語も選べたので、私は日本語の指示に従って入力をしました^^

でも、わかりにくかったのは住所の入力。

自宅や滞在予定先、勤務先などの住所を入力するところがありましたが、アメリカの住所の表記と日本の住所の表記って逆なんですよね…

日本だと、都道府県→市町村→番地やアパート名という順番ですが、入力するフォームはこの順序が逆でした。

しかもローマ字で入力したので、個人的には頭がこんがらがっちゃいました。

まぁ、そんなに難しいことではないのですが、面倒臭く感じたことは、それくらいです。

あとは、私は滞在先について住所を調べて入力をしましたが、これは必須項目ではなかったようで、私の友人はその情報は入力せずに登録OKでした!面倒だったら省いて良いみたいです^^

今回申請をしていてびっくりしたのですが、この登録にはお金がかかりました!

情報を入力するだけでも、面倒だなぁと思いましたが、さらにお金も取られるとは…

でも、アメリカには行きたいので、お支払いをしました。

料金は一律なのかどうかわかりませんが、私の場合は1人で旅行のために渡航。

パスポートの期限は、7年間くらいと余裕がある状態で、過去にアメリカに旅行した時にも特に問題を起こしたことありません。

それで、登録の際に請求された料金は、 $14で、実際に日本円で請求が来たのは¥1,642でした。

通常のレートを考えるとちょっと割高な感じがするけど、手数料とかも含まれているのかな…?

これを支払わないと入国できないって言われたら、1600円くらいなら払っちゃいますよね。

なんかうまいことお金を取られている気がしてしまう…

けど、そんなことを言っても仕方がないですね!

支払いはクレジットカードでできました。

Paypalのアカウントを利用して決済することもできました。

何が違うのかはよくわかりませんが…

実際に入国するとき

事前にオンラインで登録を済ませておけば、あとはパスポートを提示するだけで、確認をしてくれます。

でも、安心材料として、渡航認定許可証を印刷して持って行くのはアリだと思います。

海外旅行って、滅多に行く機会がないのでドキドキしてしまいますが、きちんと手続きをしておけば、何もビビることないんですよね。笑

エスタの申請と、パスポート、そして念のため海外旅行保険。

あとはケータイなどの契約状況によってはネット環境の確保かな?

そしてお金を持っていけば、ある程度大丈夫でしょう♩

アメリカ旅行、楽しんできたいと思います^^

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)