ためしてガッテン!で紹介のめい想の方法とは?効果は?

この記事は3分で読めます

本日(9月28日)に放送された

ためしてガッテン!を見ていたのですが、

今回のテーマが「瞑想(めいそう)」という興味深いものでした。

 

普段、なかなか馴染みのない言葉ですけど、

「いいものなんだろうな〜」という印象を持っていたので

気になって、ついつい、見てしまいました^^

 

効果的なめい想の方法や、効果が紹介されていたので

メモしておこうと思います〜♪

 

スポンサーリンク

■瞑想(めいそう)とは?

目を閉じて静かに考えること。眼前の世界を離れてひたすら思いにふけること。

 

普段、私たちは常に考え事をしています。

意識的にも、無意識的にも。

 

今回紹介された瞑想のポイントは、

様々な思考を一旦ストップして、

「呼吸」に集中すること。

 

■瞑想をする理由は?

先ほど書いたように、

私たちの脳は常に考え事をしていて、

「海馬」という脳の一部分に指令が出続けている状態なんだそうです。

「海馬」は主に記憶を司る役割を持っています。

 

その「海馬」があまりの指令の多さに疲れてしまったり、

ストレスを感じてしまうと、萎縮してしまい、

認知症やうつ病などに発展してしまうそうです。

 

その「海馬」を意識的に休ませるのが「瞑想」とのこと。

 

普段意識しない「呼吸」に意識を集中させることによって、

いろいろな考え事から「海馬」を一時的に解放してあげることが

できるのだそうです!

 

■紹介された瞑想の方法

 

*背筋を伸ばして座る。

*目をつむる(or薄目)

*舌は上あごにつける

*手は自然に楽な位置におろすor組む

 (特に決まったポーズはない)

*体はリラックスさせる

 (背筋を伸ばすこと以外は力を抜く)

*あごを引く

*静かに鼻だけで呼吸する

 

〜3分間、静かなめい想の時間を持つ〜

 

スポンサードリンク

 

■出演者が実際に体験してみた感想/効果

*リラックスできた

*気持ちがとても落ち着いた

*体がポカポカしてきた

 

■気になる質問

Q.気持ちよくなって寝てしまったら失敗ですか?

A.寝てもOKです。

 

うまく瞑想をしていると、脳からθ(シータ)波という

脳波が出てくるそうです。

これは、普段、私たちが眠りについて

夢を見ている時に出てくる脳波とのこと。

 

だから、気持ちよくなって寝てしまっても、

瞑想の延長ということで決して失敗ではないそうです。

 

そのほかの瞑想の方法

瞑想の方法は一つではないそうです。

ポイントは、一つのことに集中すること。

 

■食べる瞑想

食べながら瞑想?!と思いましたが、

居眠りしながら食べるということではなく、

じっくり味わって食べるということのようです。

 

*おにぎり1個を用意。

 

*目でよく見る。

(形や色などをよく観察。)

 

*鼻で香りを楽しむ。

(海苔やご飯などの香りに集中。)

 

*一口、食べる。

・よーく「噛む」

・味わう

・飲み込む

・胃に落ちるのを感じてみる

 

このようにして、一口ずつじっくりと食べて、

おにぎり1個に30分時間をかけると

食べる瞑想になるようです。

 

■ダーツ、模型作り、祈り…

番組の最後に「瞑想」のように、

θ(シータ)波が出る行為が紹介されました。

 

*ダーツ

一投一投に集中して行うことが、

瞑想に近いものとなっているようです。

 

*模型作り

組み立てることに没頭することが、

雑念を忘れさせてくれるようです。

 

*祈り

…祈り???

番組では下記のように紹介されていました。

 

・自分が気持ち良い場所にいることをイメージ。

・家族や友人などの愛する人たちが、幸せになるようにイメージをする。

 

なんか、ほっこりしますね^^

自分も幸せな気持ちになれそうですね。

 

最後に…

脳のしくみって面白いですよね。

こういう話、大好きです。

 

普段意識していなくても、

脳波フル回転してくれていて、

私たちを支えてくれているんですねー。

 

意外に「何も考えない」って、

難しいことなんだなぁと気づかされました。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)