小山の花火大会2017場所取りや穴場はどこ?駐車場や交通規制も!

この記事は6分で読めます

こんにちは、佐吉です^^

まだ梅雨真っ最中ですが、
そろそろ夏の予定も埋まってきました★

夏って、イベントたくさんあるし、
冬よりも動き回れるから(寒いの苦手)
始まる前からワクワクしちゃいます!

今回は地元の栃木県で
かなり盛り上がる

「小山の花火大会」

について予習をしておこうと思います!

毎年、大混雑の花火大会ですが、
ちゃんとリサーチすれば
もうちょっと平和に過ごせるんじゃないか?

と思って調べたことをまとめてみます(・ω・)ノ

スポンサーリンク

小山の花火大会2017日程

小山の花火は、
栃木県の中でも規模が大きくて、
2016年には

52万人

も集まったらしいです(・Д・)ノ

栃木県の人口が
だいたい196万人ですから、
52万人って言ったら、

栃木県民の4分の1の人が
小山に集結しているという
大変な状況ですよね(・Д・)ノ

アルパカ&ひよこ
そりゃ混んでるわけだ…
 
毎年、大盛況の小山の花火。
2017年の開催日時を確認しましょう。

2017年7月30日(日)

19:10〜20:45

※雨天の場合は翌日以降に延期
 
花火大会って8月のイメージですけど、
早々に7月に行われるんですね^^

花火シーズンのスタートそして、
ぜひとも参戦したいですね★

場所取りできる?

せっかく花火を見るなら、
人混みに揉まれてみるよりも、
ゆっくり落ち着いて、
屋台の食べ物でも食べならが
余裕を持って見たいですよね。

会場に早めに行って、場所を確保するか、
お金を払って、席を予約しておくか。

このふたつについて、
まずは調べてみようと思います!

★有料席

花火は空に上がるから、
どこからでも観れるのですが(笑)

花火を一種のショーというかなんというか、
「お金を払って、席に座って見る」
ということに価値を感じられるなら、
有料席の予約をお勧めします!

 
まず、気になるお値段ですが、
場所や人数によって変わってきます。

★テーブル1つ、イス6脚の席

A席¥25,000
B席¥23,000
C席¥21,000

A、B、C席の配置がどんな感じか気になりますよね?
こちら↓の案内図をごらんください。

有料席の案内図はコチラ

一番高くても、6人で2万5千円。

ってことは、ひとり5千円集めて、3万円。
席代の残りの5千円で、
みんなの食べ物と飲み物を買えば…♩

ちょっとした飲み会と変わらない予算ですよね?
なーんて計算しちゃいます^^

ごちゃごちゃな人混みから離れて
花火を観れることだけでなく、

地面じゃなくて、ちゃんとイスに座れるし、
テーブルがあれば、食べ物&飲み物を
ちゃんと広げられるし、
きちんとトイレも設置されています!

今まで有料席って利用したことないけど、
一緒に行くメンバーが集まれば、
割とアリかも?!って思えてきました。
 
ちょっと6人は多いよって場合には、
他の席もあります。

★マス席:堤防の中段で座って観覧できる席(180×180cm)
※5名まで
¥15,000
 
★階段指定席:階段堤防を利用した席で、1 席から申し込みOK!
※1名〜
¥2,000
 
★リクライニング席:リクライニングチェアで、ゆったりと花火を見上げることができる、ペア席
※2名
¥15,000
 
リクライニング席、憧れるわ〜( ´ ▽ ` )ノ

ちょっと贅沢な花火デートになりますね^^

でも、リクライニング席だと、
浴衣を着て行っちゃうと
帯で背中が痛くなりそう(・Д・)ノ

アルパカ&ひよこ
気をつけてね。
 
でも、浴衣ってなかなか着る機会ないから、
こういう花火大会の時には来て行きたいですよね。

最近は浴衣も安くても
かわいいのもいっぱいあって、
びっくりしちゃいます。
 

 
フツーに洋服を買うよりも
安いじゃないか(・Д・)ノ!!!

〜有料席の予約の仕方〜

有料席の予約は

ネット・窓口・電話でできるようです。

まず、気軽にできる
ネット予約についてご紹介します。

こちらのサイト

にて予約ができますので、
ご覧ください^^

クレジットカードやコンビニ支払いもできるようなので、便利ですよね!

舞台やショーを見に行くみたい♩

このブログをご覧いただいているということは、
ネットを使うことができるということだと思いますが、

きちんと対面で予約の対応をしてもらいたいとか、
いろいろ質問したい、確認したいことがある
という場合には、窓口や電話での予約の方が
良いかもしれませんね^^

〜窓口での予約〜

大山旅行サービス
小山市犬塚 2 丁目 8 番地 5
電話:0285-22-0947

JTB 関東トラベルサロン小山
小山市城山町 3 丁目 7 番地 1
電話:0285-25-1181

〜電話での予約〜

小山の花火有料席センター
受付時間 10時から17時30分まで ※土曜・日曜・祝日を除く
電話:0285-42-5800
 
さてさて、
 

アルパカ&ひよこ
花火を見るのにお金を払うのはちょっと…
 
と思う方も多いのではないでしょうか。

私も、そう思います。

だって、空に打ち上がっているから、
お金払わなくたって
見れるんだもん。笑

場所取りについて確認してみましょう!

★場所取り(無料)について

花火が始まる前から
会場にスタンバイして、
場所を確保するという作戦。

これは、何時くらいから可能なんでしょうか?

早ければ早いほど良いのでしょうか…?

確認をしてみたら、
場所取りをして良いのは
当日の朝6時から
とのこと。

アルパカ
はやっ!!!
 
でも、このルールがあっても、
前日から場所取りをしようとする人も
いるみたいです(・Д・)ノ

ひよこ
そんなに気合入ってるとは…!
 
でも、当日の6時よりも前に場所取りをしようとしても、
会場の設営の邪魔にもなりますし、
何よりルール違反ですから、
見つかり次第撤去されちゃうそうです。

そりゃそうですよね。笑

でも、朝6時からスタンバイして、
実際に花火が上がるのは
19時過ぎ、、、

気合が必要ですね(・Д・)ノ

スポンサードリンク

穴場は?

アルパカ&ひよこ
花火は見たいけど、
人混みはイヤ…

という場合は、
会場からちょっと離れたところから
眺めることを考えてみてはいかがでしょうか?

何度も言ってしまいますが、
花火は空に上がるので、
どこからでも見えるんです。

小山に人が集中するのなら、
そこから一歩離れてみて、
その周辺の公園や、
高台になっているところを確認してみましょう。

穴場スポットをリサーチしてみて、
なるほど!と思った場所があったので
ご紹介したいと思います。

★大平山神社

こちらは小山市ではなくて
栃木市にある山の頂上です。

どーんという迫力にはかけるかもしれませんが、
この大平山は、夜景で有名なスポットなんです!

だから、花火と夜景が一緒に見ることができて、
一味違った楽しみ方ができるのでオススメです!!!

もちろん、花火じゃない時に行っても
綺麗な夜景を見ることができるので、
ぜひ一度訪れてみていただきたいです♩

ただ、頂上まで行っちゃうと駐車場が少ないので、
そこが悩みどころかもしれません( ; ; )

頂上の手前には駐車場あるので、
うまく利用してみてください♩
 

 

★道の駅思川

こちらは、小山市にある道の駅です。

道の駅…ってことは、

*駐車場がある
*食べ物がある
*トイレがある

これは、好条件ですよね!!!

運転しながら花火を見るのは危険ですが、
こういう道の駅に入って
休憩がてらゆっくり見るのも良いかもしれません。

多少の混雑はするかもしれませんが、
花火の会場に比べたら断然快適でしょう。

そして、何より車で行けますからね!!!

どうぞ、ご検討ください^^
 

 

★小山総合公園

山、道の駅を紹介しましたが、
公園もオススメです。

こちらは会場からちょっと離れているし、
山のように標高がある場所ではないので、
高く打ち上がる花火しか見れないですが、
そのぶん混雑は回避できます。

花火大会をメインというより、
1日どこかで過ごした帰り道にでも
休憩がてらこの公園で花火も楽しむ
って感じですかね^^?
 

 
3つほど会場からちょっと離れた
鑑賞スポットを紹介させていただきました。

有料で予約をして、
または、早めに場所取りをして、
間近で花火を見るのか、

人混みを避けて、
ちょっと離れたところから楽しむか…

それぞれ、検討してみて
一番良い方法を選択なさってくださいね♩

駐車場や交通規制は?

小山の花火を見に行く際に気をつけなきゃいけないのは、

『駐車場がない』

『交通規制がある』

…ということ。

電車やバスを利用することが必要になってきます。

でも、正直、車で行けたらいいなって思っちゃいます。

なんて言ったって、
栃木県は車社会ですからね(・Д・)ノ

ちょっと、調べてみました。
 
交通規制&駐車場の案内図
 
うーん、やっぱり会場周辺は、
ガッツリ通行禁止マークによって
塞がれていますね、、、

そして、無料駐車場はもちろん、
有料駐車場も少なっ!!!

しかも、会場を訪れる際には、
まだ、「早めに行く」ということで
混雑をある程度回避できるかもしれませんが、

花火を見終えて帰ろうとすると、
みんな同時に動きますからね(・Д・)ノ

車もきっと身動き取れなくなっちゃうのでは…

なかなか難しい選択ですが、

混雑するのは仕方ない!

と割り切って、
最初から最後まで花火を楽しむか、

混雑に巻き込まれたくない!
ということを優先事項にして、

会場のみんなとは違う動きをする、
という工夫をするか。

どちらかになりそうですね〜

ちなみに私は、行けるとしたら
小山の混雑は回避して、
太平山神社からの鑑賞に
トライしてみたいと思ってます。

それでは、
最後までお読みいただき
ありがとうございました♩

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)