星野源トレインジャックの発車時間や駅は?車内の画像は?

この記事は3分で読めます

こんばんは、佐吉です^^

今日は近所の業務スーパーに行ってきました!

業務スーパーって、安いけど、
一人暮らしにはボリュームがありすぎて
普段はあまり利用しないのですが、
今日は『よし!帰ったら冷凍するぞ!』
という気合を入れて買い物をしました。

冷凍しちゃえば、日持ちもするから
食べきれずに廃棄ということは無いでしょう!
という安易な考えのもとにこの作戦を決行しました。

大根を冷凍すると、後で調理するときに
味が染みやすくなるという情報を職場でゲットしたので
大根を1本買ってみました(・Д・)ノ

そして、カットして、小分けにして、冷凍!

…冷凍庫が大根だらけになりました(・Д・)ノ

当たり前の結果なんですけど、
量が減るわけでは無いから
迫力は変わらず…

これからしばらく、大根生活をしようと思いますm(_ _)m

さて、わたしの食品ストックのお話はここまでにして、
今日、気になるニュースを発見しました!

星野源さんの広告で車内が埋め尽くされる、
トレインジャックが実施されているようです!!!

いったいどこで、いつ走ってるの???

広告ってどんな感じなの???

いろいろと気になったので、調べてみました^^

スポンサーリンク

実施期間や路線は?

まず、いつどこで走っているのかを確認しましょう★

実施期間:2月27(月)から3月6日(月)まで

→たった8日間なんですね(・Д・)ノ
はやく探しに行かないと、あっという間に終わっちゃう!!!
 
路線:東京メトロ銀座線、丸ノ内線

このふたつの路線で、各1編成ずつの走行とのこと。
 
あらー、そんなにガッツリアピールではなくて、
レアな感じなんですねー(・Д・)ノ
 


 
今まで通勤に丸ノ内線を使っていたけど、
引っ越してから乗らなくなっちゃったからなー!

残念ー( ; ; )

どんな感じなのか気になるなぁー。

ちなみに、この星野源トレインジャックの車両が
いつ、どこを走行しているのかという問い合わせには
答えをもらえないらしいです。

まぁ、もしわかっちゃったら、
たーっくさんの星野源さんファンの方々が
1つの電車を埋め尽くしてしまいますもんね(・Д・)ノ

ダイヤの乱れが起きそうですね(・Д・)ノ

わたしは逃げ恥で、星野源さんいいな!とは思いましたが、
なんか歌や本やいろいろと活躍されていて
全容を把握できずにおります^^;

そして熱狂的なファンの方々の様子を見聞きすると
こりゃぁ、わたしはファンとは名乗れんわ…
と思い、諦めてしまいましたm(_ _)m

でも、素敵だと思います★

スポンサードリンク

車内の広告の様子とは?画像はある?

今回の星野源さんのトレインジャックについては、
キャッチコピーが 「『星野源』を読む。」とのこと。

だから、書籍の広告で埋め尽くされるということですね!

どんな広告なのかなぁ???

たまに電車のなかで広告を見かけたこともあるけど、
通常とは違うバージョンもあるんだろうなぁー。

車内の様子がとっても気になりますが、
車内の様子については撮影NGらしいです( ; ; )

だから、ツイッターなどへの拡散も
文章のみなんですー( ; ; )

星野源さんに迷惑をかけないためにも
マナーを守って乗車しましょう★
 


 
あぁ、1週間以内に丸ノ内線(or銀座線)を
利用しなければ中の様子を知ることはできないのか…

と思ったら、主催の文春さんがチラっと
ポスター画像を公開してくれていました^^

ありがたや( ´ ▽ ` )ノ
 


 
個人的な印象ですが、
けっこう、ごちゃごちゃした雰囲気っぽそう…笑

まぁ、でも、星野源ワールドに浸れますね^^

用事がなければ、気の済むまで乗車していたいですな。

目撃情報は?

出会える確率はあまり高くなさそうですが、
実際に巡り会えた人はいるのでしょうか?

どんな感想なのか気になりますね!
調べてみました( ´ ▽ ` )ノ
 


 


 
幸せの空間のようですね。
ちなみに、ポスターだけではなくて、
車内のモニターに映る映像にも、
星野源さんが出てくるようです!
 
本日は、初日でしたが、どの駅を走っているのかという情報は
ツイッターでアップしてくれている方がいらっしゃるようです。

↓↓↓こんな感じ↓↓↓
(いろんな方がいらっしゃいますが…)
 


 

明日以降はどのようなスケジュールになるかわかりませんが、
どうしても乗車したい!!!という方は、
SNSを活用して、巡り合ってみてください★

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)