インターステラテクノロジズ(代表:稲川貴大)と堀江貴文の関係は?

この記事は3分で読めます

こんにちは!

最近よくアロマキャンドルをボーっと眺めることが多くなりました。

元々キャンドルもいろんな香りも好きで、集めたりしてたのですが、友人からもらったりする機会が重なって、気がついたら結構いろいろあって、集めるだけじゃなくて使わなきゃ!という謎の責任感というか何というかでよく灯しています。

疲れた時にボーっと眺めると、ほんと癒されるのでオススメです^^
 
そして、ボーッと番組表を眺めていた時に、人生デザインU29に特集される 稲川貴大さんという方が目に留まりました。

この番組、たまに見るのですが、自分と同世代の人たちがこんなにも活躍しているんだということに毎回感動させられます。

その稲川貴大さんについて、リサーチしてみました★

スポンサーリンク

稲川貴大/インターステラテクノロジズ

今回紹介される稲川貴大さんですが、

何をしている方かというと…

ロケットを開発しているそうです(・Д・)ノ

ひよこ
すごい!!!
 

main1

(引用:http://kigyoka.com/news/magazine/magazine_20160331.html)

 

しかも! 開発者であると同時に、そのロケットを開発している会社である、インターステラテクノロジズ代表でもあるんです(・Д・)ノ
 

アルパカ
さらにすごい!!!
 
開発する技術と会社の経営って全然違う分野だと思うのですが、それを同時にできるって相当すごいですね!

頭の中、どうなっているのでしょうか…???

もやは一般人のレベルでは想像できない領域だと思うので、余計なことは考えないようにしようと思います。
 

ちなみにロケットというと、宇宙飛行士が乗って打ち上げられる大きなスペースシャトルがイメージされますが、稲川さんたちが開発しているのは小型のロケット。

小型人工衛星専用の打ち上げロケットらしいです。

それを低コストで実現させようと日夜奮闘されています。

小型だろうが、なんだろうが、宇宙までロケットを飛ばすということ自体がものすごい壮大なスケールのことだと思います(・Д・)ノ

そして、宇宙とかロケットと聞くと、NASAとかをイメージしてしまいますが、このようないわゆる「一般企業」が開発していると聞くと、なんだか夢がありますよね!

何かのドラマで見たような…?笑

今のところ、まだ開発中のようですが、今後の活躍を見守りたいと思います★

スポンサードリンク

堀江貴文(ホリエモン)との関係は?

さて、タイトルにあるように、この会社にはホリエモンこと堀江貴文さんが関わっているようです!
 
元々、このロケットの会社の代表である稲川さんが気になって調べていたのですが、その中でなぜか堀江貴文さんの名前がチラチラ出てくるので、どういうことかなぁ〜と思って調べてみました。
 
簡単に言うと、堀江貴文さんはインターステラズテクノロジズのスポンサーということでした!
 
元々はロケット作りに関心のある方々の有志の集まりで

「なつのロケット団」という集まりだったようですが、

当時ライブドアの社長だった堀江貴文さんがスポンサーとなって

本格的に『SNS株式会社』を2005年に設立。
 
そして、2013年にはエンジニアだけを集めた『インターステラズテクノロジズ』が設立されたということだったようです。

現在社員は13人ということですから、選りすぐりのエンジニアなんでしょうね!

すごいなぁ〜。
 
このロケットが打ち上げたられた時には、会社というよりやっぱりホリエモンが注目されそうですよね。笑
 
ホリエモンはやりたいことがありすぎるらしいです。

最近では、 「多動力」という本も出版されていますね。
 

 
この本のタイトルの通り、色々なことを同時展開で進めていくことについて語られています。

これまでは、一つのことに集中して、何かをやり遂げるということが良いこととして捉えられていた部分がありますが、それを覆すような内容です。

落ち着きがない、興味があれこれ移ってしまう、というような、今まで「多動症」という言葉でネガティブに捉えられていたことが、実は今、必要なポジティブな能力であるととして語られています。(私なりの解釈ですが。)
 
しかし、一人では、やれることの範囲に限界がありますよね。

だからこそ、有能な人たちの協力が必要なんですよね。

ホリエモンが持っているお金で、会社を設立して、研究・開発をしたい人のために環境を整えることができれば、ホリエモンご自身がロケットの開発をしなくても、このロケット開発に大きく関わったことになりますからね。

こうやって、一つずつ、やりたいことが実現されていくんですね。

なんだか最後はホリエモンの話ばっかりになってしまいましたが、これからも稲川さんには新しい技術や、夢の実現のために頑張っていただきたいです^^

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました★

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)