過保護のカホコ子役の女の子は誰?高畑充希の幼少期役が可愛い!

この記事は3分で読めます

こんばんは、佐吉です^^

今日は新ドラマ、「過保護のカホコ」の第一話放送日ですね!

内容もキャストも主題歌も、いろいろと気になっていたので、すごく楽しみにしていました^^

かなり豪華なキャストが出演していますね!

主演の高畑充希さんは、以前朝ドラで「とと姉ちゃん」のヒロインをやっていましたし、今回、相手役?の竹内涼真さんは、現在の朝ドラ「ひよっこ」で、ヒロインの恋人役をやっているという、ちょっと不思議な関係も頭をよぎります。笑

カホコとみね子、どっちにするんですかね?笑

そして、そして、主題歌は星野源さん!!!

Family Song、今回、このドラマの内容を踏まえた上で作られた曲ということで、話題になっていますね^^

後ほど、歌詞などについても調べてみたいなーと思っています♩
 
今回気になって調べてみたのは、カホコの幼少期を演じている女の子です。

根本家では、毎晩夕食の後にカホコの幼い頃の映像を収めたDVD鑑賞をするのが日課のようです。

そこに出てくるカホコ役の女の子が可愛かったので調べてみました♩

スポンサーリンク

カホコの幼少期時代役の女の子は誰?

このドラマは主に、カホコとその両親、そして、大学で出会った「麦野くん」が中心となって展開していくようです。

このメンバー、本当に豪華ですよね★
 


 
黒木瞳さんと時任三郎さんの娘が高畑充希さん!

そりゃぁ〜、可愛いですよね!!!

大切に育てたくなっちゃうのも、わかるような気がします。

そして、根本家では毎晩、カホコの幼少期の映像を収めたDVDを鑑賞するのが日課になっているようです。

わたしの時代は、ビデオテープに映像が収められていましたが、今はもう、DVDですよねー

なんか、それだけで時代の流れを感じました。

今は、もう、スマホで撮影して、クラウドにバックアップとかになっているのかな?

インスタなんかでも、友達の子育て風景を垣間見たりできますが、みんなデータをどうしているのかな???

もう、わたしの昔の姿が収められたビデオは、きっと再生することすらできないんだろうなー笑

まぁ、わたしのことは、どうでも良いのですが、ドラマの中で、カホコのDVDがズラーーーっと引き出しの中に収められているのです。

お遊戯会や花火大会、サッカーの試合など、本当にいつでも両親がカホコの姿を映像に収めていたんですね。

愛されている感じがビンビン伝わってきますね( ´ ▽ ` )ノ

そして、現在の高畑充希さんも、もちろん可愛いのですが、第1話の中でカホコが

「カホコ、この頃が一番可愛かったよね〜」

と言いながら、自分の幼少期の映像を見ているシーンがありました。

アルパカ&ひよこ
自分で言うのかよw
 
っていう、時任さんの心の声のツッコミもナイスでしたが、本当に可愛いんですよね〜!!

高畑充希さんの幼少期役を演じている女の子が誰なのか、気になって調べてみました!

そして、発見しました〜♩
 


 
そうそう、この子です^^

保榮茂愛ちゃんって言うんですね!

ちょっと、この子についても調べてみました♩

スポンサードリンク

保榮茂愛

保榮茂愛ちゃん、珍しい苗字ですよね?

なんと読むのかな?

「ほえも」かなぁ???

正しくご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいですm(_ _)m
 
所属はテアトルアカデミー。

鈴木福くんや、小林星蘭ちゃんなどが所属していることで有名なところですね。

まだ、個人のプロフィールは公表されていないので、年齢などもはっきりとはわからないのですが、この過保護のカホコでは3歳の役を演じています。

そして、他のドラマにも出演をしています。

ひとつは、大河ドラマの「真田丸」

真田信繁の娘役として、登場していたようです。

写真、可愛いですね〜^^
 


 
あとは、昨年の冬に放送されていたドラマ「砂の塔」で、前田千晶ちゃん役としても出演されていました。

まだ幼いのに、注目のドラマにいろいろと出演されているんですね!

最後に…

過保護のカホコ、第一話、面白かった〜

自分も過保護に育てられていたかな?と思う部分もあるし、どこからが愛情でどこからがお節介なのかな?なんていろいろと考えちゃいました。

これからカホコがどんな風に成長をしていくのか楽しみです^^

そしてこれからも、夕食の後のカホコのムービーショーで、保榮茂愛ちゃんの姿を見れる事も楽しみにしています♩

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)