火薬田ドン引退の理由は?本当に引退?来年は登場しないの?

この記事は4分で読めます

こんばんは、佐吉です^^

今日は27時間テレビが放送されていますね〜

今回のテーマは「日本の歴史」なんですね。

この前の24時間テレビでは、ブルゾンちえみさんが90kmを無事に完走して感動をしましたが、

フジテレビの27時間テレビでは、どんなドラマが待っているんでしょうか。。。

日本の歴史について、何か勉強できるのかな???
 
夜の12時過ぎから見始めたのですが、
ドラクエCM(6分=360秒)が放送されて
びっくりしたあとに、

ひよこ
ドラクエCM(6分)についてはこちら

さんまのお笑い向上委員会
が始まりました。
 
生放送で、わちゃわちゃして欲しかったけど、どうやら収録して編集されたものが放送されているようですね。
 
そして、途中で気になる映像が。
 
ビートたけしさんが演じる、
「火薬田ドン」
引退宣言をしていました。
 
気になったので、
理由や今後のことについて
まとめてみました〜

スポンサーリンク

火薬田ドンの引退の理由は?

特別に「火薬田ドン」さんのファン
という訳ではないのですが、

特番などでよく見かける、
強烈なキャラクターというイメージです。
 
27時間テレビで、
さんまのお笑い向上委員会
を見ていたら、

火薬田ドンこと、
ビートたけしさんが登場しました。
 

ひよこ
何やるのかな?
 
アルパカ&ひよこ
危ないことするのかな?
 
なーんて、
ちょっと気になって見ちゃいました。
 
そしたら、
なんと、突然の 引退宣言!
 


 
元々そんな予告もされていたみたいですが、
わたしは実際の放送で、
初めて知りました。

先ほども書きましたが、
特に火薬田ドンさんのファンではありません。

しかし、なんか「引退」って言われると

ひよこ
どうして???
 
アルパカ
このあと何するの???

って気になっちゃいませんか?笑
 
引退の理由をまとめてみました。

今年、ビートたけしさんは 70歳だそうです。

その節目でもあるし、

体力的にもキツイということで、
引退宣言をしていました。

けっこう過激なことをするので、
ケガも多かったようですが、

それに対する適切な処置や待遇もなかったようです。

また、周囲からの批判的な声
たくさん浴びていたそうです。
 
あくまでも火薬田ドンさんの主張なので、
どこまで事実なのかは不明ですが、
結構リアルな発言だと思います。
 
そんな訳で、
引退宣言をしていました。

スポンサードリンク

来年は登場しないの?

、、、ということで、
今後は何をするのでしょうか???

これからの3つの目標を
紹介していました。

*歌手として紅白を目指す

→火薬田ドン70歳記念の
「古稀古稀音頭」
を披露していました。

NHKでは絶対に放送してもらえないような
内容でした(・Д・)ノ笑
 
*小説家として芥川賞を目指す

→ビートたけしさんは、映画や小説を手がけていますよね。
9月22日「アナログ」という新作の小説が発売されるそうです。
その告知をしていました。

これは現実的な目標かもしれませんね〜!

芥川賞じゃなくても、
何かしらの注目は集めるのではないでしょうか^^
 
*2020年、東京オリンピックのカヤック選手を目指す!

→これはもはや、意味がわかりませんm(_ _)m笑

何を言っているのかも、
あまり聞き取れませんでした。
 
 
そんなこんなで、
たけしワールドが炸裂していましたが、

最後の最後で、

『また来年!』

という文字が(・Д・)ノ!!!
 


 
ということは、
引退しないってことですかね?!
 
来年になってみないとわかりませんが、
きっと、来年も登場してくれそうですね^^
 
引退宣言は撤回ってことかな〜?
 


 

引退しないの?反応は?

引退宣言からの
また来年発言。

わたしは数分の間に
「???」となってしまいました。笑
 

ひよこ
この数分はいったいなんだったんだろうか…?
 
他の人たちは、
どのようにご覧になったのか
気になって調べてみました。
 
そしたら、かなり前向きなコメントが多数!!!
 


 


 


 
火薬田ドンって、
こんなに愛されている
キャラクターだったんですね(・Д・)ノ
 
かなりびっくりしました!笑
 
かなり昔からのおなじみのキャラクターだから、
きっと懐かしくて好き!
という人も多いんでしょうね〜
 
今回、引退かと思いきや、
また来年という文字がありましたから、
嬉しく感じた人が多かったみたいです^^
 
来年、どんなことをしてくれるのか、
楽しみですね〜♩
 
それでは、最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)