錦織圭のトイレブレイク(リオ五輪)真相は?12分間何をしていた?

この記事は2分で読めます

おはようございます^^

12月も下旬に差し掛かり、
世間はすっかり年末モードですね〜

クリスマスとお正月が混ざった今の季節、
何となく浮かれちゃいます。

そしてテレビも特番が多くて
ついつい見ちゃいますねー。

各種ドラマが最終回を迎えてしまうのは寂しいですが、
次のドラマが始まるまでの特番づくし!
これはこれで楽しみたいと思います^^

番組表を見ていて気になったのですが、
リオ五輪で銅メダルを獲得した錦織圭選手が
12月27日のスポーツ特集の番組に出演されるらしいです(・Д・)ノ

しかも!その時に、ナダル選手との試合中にとった
12分のトイレ休憩について語ってくれるそうです!

いろいろと炎上して話題になりましたが、
ご本人の口から真相を聞けると思うと、
なんだか嬉しいです。

スポンサーリンク

リオ五輪男子テニスシングル、銅メダルをかけた戦い

オリンピック、盛り上がりましたが
あれから時間が経ってしまったので、
錦織選手が銅メダルを手にすることになった試合で
何が起きたのか復習をしておきたいと思います。

試合の詳細はこちらをご参考になさってください^^
私があれこれ書くより、わかりやすいと思います。

とにかく、注目ポイントは
『トイレブレイク』ですよね(・Д・)ノ

スポンサードリンク

12分のトイレ休憩への反応は?

12分って、普通にトイレに行くにしては長い時間ですよね。
しかも、重要な試合の途中ですからね。

1、2セットを先取されて追い込まれた自分の精神状態を整えるため?

調子の良い対戦相手のナダル選手をイラつかせて流れを崩すため?

トイレが遠かった?
(案内する人が遠いトイレへ誘導した説)

などなど様々な憶測があります。

常識的ではない長さのトイレブレイクをしたことにより、
逆転勝利をしたものだから、ナダル側は面白くないですよね。

その試合の主審がこのトイレブレイクを認めているし、
リオ五輪でのルールでも何分と定めがあるわけではなかったので、
反則ではないのですが(実際にメダルをもらったわけだし。)
スポーツマンらしくないという声も上がっています。

うーん。

技術もメンタルも戦略も全て含めて試合ですからねー…

個人的にはナダル選手が、動じずに対応できていれば
丸く収まったのではないかなーなんて思ってます。

もし、万が一トイレブレイクを取った後も
錦織選手の調子が戻らずに負けてしまっていたら、
そこまで大騒ぎにはならなかったのではないでしょうか?

むしろ、体調不良か?なんて心配をされていたかもしれませんね。

難しいことよく分かりませんけど…

真相は?

周りの反応は様々ですけど、
実際には錦織選手は何を考え、何をしていたのでしょうか?

番組内で語られることに注目して
後ほど追記していきたいと思います♪

〜追記〜
放送を確認しましたが、
やはり係員の誘導ミスが原因だったそうです。

通常試合会場から1分以内のトイレに誘導されるのですが、
この時は誘導ミスにより5分のトイレに連れて行かれたそうです…

錦織選手ご自身も「なんでこんな遠いところに…疲れているのに…。」と思っていたそうです。

しかし、それが功を奏して対戦相手はイライラしてペースが崩れる一方
錦織選手は気分転換になって逆転勝利ということでした。

運も実力のうちと言いますが、
こういうハプニングも自分の勝利につなげるなんて
さすがだなぁ〜と思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました★

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)