北島康介の引退の真相は?リオ挑戦に失敗の重大ミスとは?

この記事は2分で読めます

こんばんは^^

今日は職場の年末の大掃除でした〜!
今まで見て見ぬ振りしていたところも
手間と時間を割いて片付けました!

やっぱりキレイだと気持ちいいですね!
やるときに一気にやってしまってよかった^^

個人的には急須の注ぎ口の部分の茶渋が
地味〜に気になっていたのですが、
漂白剤でやっつけました!

あー、スッキリ!

ちょー気持ちいい!

…といえば北島康介選手。笑

テレビを見ていたら引退の真相について語ってくれるようだったので
見ながらメモを取っておこうと思いました!

確かに、爽やかな引退会見が印象的でしたが
実際にはどんな気持ちだったのか
どんな理由があったのかなどなど
いまさら気になり、テレビを見てみます。

スポンサーリンク

北島康介選手

アテネオリンピック&北京オリンピック100m平泳ぎ、200m平泳ぎの金メダリスト。

それぞれ名言が生まれましたよね^^

アテネ: ちょ〜気持ちいい!

北京: 何も言えねぇ〜!

これに続いてリオにも出場して
新たな名言を産んで欲しかったのですが…
出場することなく、引退してしまいましたね…

リオ五輪出場失敗の理由は?

リオオリンピック出場をかけた100m平泳ぎの予選に
順調な結果を出して準決勝は1位通過をしていました!

しかし、決勝でまさかの落選( ; ; )

派遣標準記録に届かなかったのですーーー。

こういうスポーツの1秒って大きいですよね。

…というか一秒以下の闘いですが。

その原因は一体何だったのでしょうか?

北島選手によると、原因は、

試合前のルーティーンを怠ったこと。

北島選手と平井コーチは
いつも試合前に作戦会議をするそうなのですが、
この時はお互いがお互いを信頼した結果、
いつものミーティングをしなかったそうです。

試合前に北島選手は平井コーチを探していましたが、
他の選手を指導している姿を見て、

「自分との打ち合わせよりも、
他の選手の指導に時間を使って欲しい」

と思って声をかけるのを辞めてしまったそうです。

一方、平井コーチは
準決勝で好調な結果を出していた北島選手に対して
もう自分からは言うことはないと思い、
敢えて声をかけなかったそうです。

その結果、、、

北島選手の泳ぎに 迷いが生じてしまい、
思うように力を発揮することができなかったのだそうです。

やっぱり、ルーティーンって重要なんですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)