紅白2016-17紅組勝利の理由は?採点方法は?視聴者投票は意味ない?

この記事は3分で読めます

こんばんは^^

年末年始、いかがお過ごしでしょうか?

わたしは年越し前ギリギリに実家に帰省して、
テレビをつけた時には紅白が終わる直前で、
嵐が最後の曲を歌っていました〜

SMAPいない紅白は、寂しいですね( ; ; )

そして、嵐の歌っている様子に

「おぉ〜、なんか相葉くん疲れてる?泣いてる??」

みたいな印象で見ていました。

いろいろと状況が飲み込めず。笑

恋ダンスなどいろいろと見たかった部分もあるのですが、
ほとんど見逃してしまいましたm(_ _)m

でも、今はすぐに動画を見つけることができて便利ですね〜^^
さっそくニヤニヤ見ています★

ガッキーが踊ってくれるのか気になっていたのですが、
こんな感じだったんですねー!控え目!
何やっても可愛いいいい^^

そして、そして、
最後に紅白の勝敗の発表があったのですが、
その結果の意味が全然わからず、
思わずブログ更新しています。

スポンサーリンク

白組の勝ちだと思ったのに(・Д・)ノ

視聴者投票と会場投票がまず、発表されたのですが、
どちらも紅組に対して白組が大きくリードして票を集めていました。

なので、何も考えずに、
『今年は白組が優勝かぁ〜相葉くん、お疲れ様!』
なーんて思ったのですが…

最後しか見ていないので、
なんとも流れがわからんのですが、

視聴者投票も、会場投票も白組がリードしていたのに、

最後に審査員のボールを投げたら紅組の方が多くて

『紅組の優勝〜〜〜〜!!!!』

って突然言われて意味がわかりませんでした(・Д・)ノ

司会の有村さんも
『えっ?どういうことですか?』
って困惑していましたが、
そのまま優勝旗が渡され、
蛍の光を歌うという
謎の状況…


どういう採点方法なんだろう???

視聴者投票と会場投票の意味はあるのだろうか…?

時間も無かったのか、
特に集めた票についての解説もなく、
あっけにとられている間に放送は終わってしまいました。

いや、別にどっちが勝ってもいいんですけど。
流れを見ていなかったし。

でも、意味がわからない。。。

何かの間違いか?と思ったけど、
そのまま訂正もなく終了しちゃいましたね(・Д・)ノ

スポンサードリンク

採点方法は?

どうして一気に紅組が逆転勝利したのでしょうか?

とりあえず、得票数を確認しましょう。

〜視聴者審査〜

紅組:2527724
白組:4203679

→1675955票、白組リード

〜会場審査〜

紅組:870
白組:1274

→404票、白組リード

ここまでは、わかったのですが
最後のボールを投げる時から
わからなくなっちゃいました( ; ; )

司会のお二人が投げるタイミングもバラバラだし、
投げてる途中で次の数字をカウントされるしで、
見ていてどっちが何個ボールを投げたのかも
よくわかりませんでした(・Д・)ノ

今のところ、審査方法についてはっきりと理解できていないのですが、
こちらのツイートを見て、なるほど〜!と思いました。

こういうことなのかな????

…それにしても、わかりにくい。

普通に視聴者投票を会場投票の数字を見せられたら、
白組の圧倒的勝利だと思ってしまいますよね。

いや、わたしが説明を聞いていなかったから
結果を早とちりしたに過ぎないのですが…m(_ _)m

でも、これだけツイッターでも『あれ???』って声が上がっているということは
意味がわからなかったのは、わたしだけじゃないということですよね?!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 紅白まんじゅう
    • 2017年 1月1日

    今年の紅白は、皆様がお感じの通り何らかの採点ミスがあったと思います。
    恐らくゲスト審査員の玉を、紅白間違えてバケツに入れたのでしょう。
    しかしながらどちらが勝っても米国大統領選のような一大事ではないので、減給や謹慎等の処分がされることのないよう祈ります。
    ゴジラの演出も、どうせでしたら赤信号を踏みツブすとか、白銀のスキー場に土足で踏み込む等の演出が欲しかったですね。
    まあ・・歌の内容は皆様頑張っておられたと思いますが、星野源さんのところで誰も踊らなかったことで流れが変わったと感じました。
    その後登場された大竹しのぶさんの「愛の賛歌」で、完全にひっくり返されたと思います。
    そんなもので、赤組勝利でも「そっか〜」という感じですが、ガッキーが一緒に恋ダンスを踊れば間違いなく白組の勝利だったと思います。
    これでガッキーは「傾国の美女」ならず「紅白のガッキー」になったと思います。

      • sakichi
      • 2017年 1月3日

      コメントいただきありがとうございます。
      そのような流れがあったのですね!
      『紅白のガッキー』いいですね^^

    • ザンギン
    • 2017年 1月1日

    加点方法が明らかに間違っている。
    視聴者、一般観覧、ともに圧倒的差を見せられたら、審査員は温情票を入れるに決まってる。
    どちらが勝ってもどうでもいいがあまりにも民意が反映されない結果だから不満が爆発してると思う。

      • HIE
      • 2017年 1月2日

       加点方法が違ってるよね!北島卒業の様に中間審査優勢にボール1個、最終審査で優勢に1個づつで審査員も正確に紅4つで白7個に客席1個に視聴者1個に4対9で正解です。ボールは13個迄でいいのに15個以上は不要!
       加点方法違って白組応援者に失礼だね!これじゃ紅白マイナス大赤字だね!

      • sakichi
      • 2017年 1月3日

      コメントいただきありがとうございます。
      そうなんです、勝敗はどちらでも構わないのですが、
      視聴者・会場の投票が圧倒的に白組だったので、
      最後の逆転に『???』でした!

    • HIE
    • 2017年 1月1日

     今回はボール投票さえ無ければ間違いなく白組優勝していたはずだ!有村には優勝旗もらうにはまだ早過ぎる!負けても誠実感あればいいのが紅組だし、ゲスト審査員も何を考えて投票しているかわからないしもう要らない!もう一度、紅か白か投票箱や篭の入れ間違いが無いか調査して欲しい!3年前のサブちゃん卒業には正確に中間審査で優勢白にボール1個であり、最終審査の優勢にもボール1個づつで13個分を正確にしたけど、今回は15個分を正確にしてない!優勢にはボール2個も要らない!もう過去の使い回しはやめて欲しいし、もう紅白の時代も終わっているかも!音楽(うた)好きな人でも難しい世の中だし、トラブル続きや苦情の多い世の中とわかっていながら紅白を放送するのはもうやめて欲しい!無駄な紐付きマイクや人件費も多いし麻布大学野鳥の会何か要らない!スムーズに行えるボール流しで結構!

      • sakichi
      • 2017年 1月3日

      コメントいただきありがとうございます。
      わかりやすい投票・審査方法にしていただきたいですよね。

  1. 紅白歌合戦は❗絶対白組勝ちだった!どーなってるの?毎年見てるのに今回はすごい疑問に思ったよ!絶対おかしい

      • HIE
      • 2017年 1月2日

       そうです。福田さんと一緒です。今度から大晦日はまた新たな事考えましょうか?

      • sakichi
      • 2017年 1月3日

      コメントいただきありがとうございます。
      毎年ご覧になっている方も疑問に思われる内容だったのですね…
      次の年末は、改善されるといいですよね。

    • ほえ
    • 2017年 1月2日

    有働さ~ん、どういうこと? あさイチで説明頼む

      • sakichi
      • 2017年 1月3日

      コメントいただきありがとうございます。
      そうですね。説明してくれるとありがたいですね。

    • 紅白歌合戦の憤り
    • 2017年 1月3日

    私は、嵐のファンであり、紅白歌合戦のファンでもある。毎年、録画しながら家族で見ている。今年も、一番最初から最後まで見ていた。
    特に、感動したシーンは、大トリの嵐の時に、「OneLove」で、相葉さんが、涙していた。「今年もこれで終われば良いのに…」と思っていた。
    しかし、この後事件が起きた。勝敗を決める時、視聴者投票の時、白が圧倒的だったのに、終わって見れば紅が勝っていた。私は、憤りを感じた。
    憤りは、これでだけではない。
    司会者は、対応力や、アドリブなどを必要するが、NHKの圧力や、紅白の重圧というのを受けた結果からこういった形になってしまった。しかもおまけに、3人の共通点は、(多分だが)恐らく初めての長時間の司会という事。これは、仕方ない事である。
    そして、今回の紅白歌合戦の企画発表が遅い割には、サプライズが少ない。そして、楽曲を発表した時に、中には、曲を急遽変更させられた歌手もいた。
    歌手も、司会と同じように紅白の重圧とNHKの圧力を何だか形で感じているはず。
    毎年、紅白卒業する歌手がいるのもこういった事がある為である。
    憤りは、これまでではない。
    今回の紅白歌合戦は、若者重視だった割には、大御所だったりベテランの歌手が出なくなってしまったことと、勝敗について視聴者に詳しく説明しなかった事……
    特に、勝敗については、視聴者投票の重視ではなく審査員の重視の結果になってしまった事について視聴者は勿論、「放送倫理委員会」も「放送倫理規定」違反ということで見逃す訳がない。こういった事から、今回の紅白歌合戦は、視聴者は悔しくて、歴史的に問題が沢山ある回となり、勿論納得も出来ないし、憤りを感じた放送となってしまった。そして、同時に今回の責任は今の会長である事も、浮き彫りになった。
    今の会長は、この事について、「視聴者の意見には納得が出来ない」と言うかもしれないが、その場合は、裁判になるかもしれない。
    ☆最後に……
    今回の紅白事件は、重く受け止めてしっかりと反省をして欲しい事。そして、納得の出来る視聴者重視の紅白歌合戦を見せて欲しい事。もし、その事が出来なかったら、2、3年休止をしていいですのでNHKが視聴者に納得出来るような紅白歌合戦を見せて欲しいです。視聴者は、紅白歌合戦を毎年楽しみにしてますから……☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)