魔法の杖(本)の内容や販売店は?松岡茉優がしゃべくりで紹介!

この記事は4分で読めます

こんばんは、佐吉です^^

今日は今年一番の暑さだったらしいですね(・Д・)ノ

帰宅したとき、部屋の熱気に驚きました!

昨夜までは扇風機で対応していたのですが、さすがに今日からエアコンデビューしちゃいました。
 
それはさておき、7月3日のしゃべくりの放送を見ていたら、 「魔法の杖」という本を松岡茉優さんが紹介していました。

松岡茉優さんが小学生のときにハマっていた本らしいのですが、大人のわたしも気になってしまったので、調べてみました!

スポンサーリンク

魔法の杖(本)とは?

 

 
「魔法の杖」というタイトルの本ですが、いわゆるファンタジーの物語の本ではありません。

見開き1ページに、一言だけメッセージが書いてある、という不思議な本です。

この本は、占いのように使うことができるようなのです。

何か悩んでいることを思い浮かべてランダムにページを開くと、そこには自分にとってぴったりなメッセージが書かれているらしいです。

ちなみに、この悩みについて漠然と思い浮かべるのではなく、YESかNOで返事がもらえるようにアドバイスを求めるかたちで質問すると、スムーズにいくようですよ。

例えば、「今日の夕飯、何にしよう?」と本に問いかけても、おそらく具体的に料理のメニューやレシピが紹介されているページは無いでしょう。

ですから、YESかNOで答えられるカタチで、「今日は疲れてしまって、夕食を作る気がしないのですが、それでもやるべきでしょうか?」という風に問いかけると、「自分を大切にして休みなさい」とか「相手のために尽くしなさい」とか、そういう答えに出会えて、自分の行動や考えの参考にすることができるみたいです。

これは面白そうな本ですね!

全てをこの本の答えに従う必要はないし、この本に頼りすぎては自分の意思が無くなってしまいますから、あくまでも参考にするという姿勢が大切ですが、すごく面白そうです。

特に悩みがなくても、スマホのSiriに話しかける感覚で、一人でページ開いて楽しめそうです^^

スポンサードリンク

しゃべくりでの様子

しゃべくり007という番組で、松岡茉優さんがこの本を紹介していました。

スタジオで実際にこの本を使ってみたのですが、不思議なくらいナイスな回答をしてくれたんです!

チートリアルの福田さんが
「今日の『しゃべくり007』で僕が喋っているところがオンエアされますか?」

と、問いかけてから本を開くと、

「先のことは考えないで、なるようにしかなりません」

というメッセージが(・Д・)ノ!!!

すごい、不思議〜!!!

ちゃんと会話になっている感じがする(・Д・)ノ!!!

しかも、この本の活躍のおかげで、ちゃんとオンエアされましたね★
 


 
福田さんもめでたし、めでたし。笑
 
こういうのって、どんな質問をしてもこの答えをみると

ひよこ
なるほどー!
 
アルパカ
確かにー!
 
ひよこ
ぴったりー!
 
、、、って思うようにできているんですかね????

YES/NOで回答されているようで、自分の都合の良いように解釈できるというか、なんというか、、、?

占いというか心理学というか、なんだか不思議です(・Д・)ノ

でも、実際に使っている人たちからは、高評価のようです。
 


 

売り切れ続出!どこで買える?


 
現在、しゃべくり007での紹介によって、一気にこの本の需要が高まっています!

この本は現在は出版されておらず、基本的に 中古での販売です。

番組で紹介されたタイミングでは、まだ楽天やAmazonでも在庫があったようなのですが、あっという間に品切れ状態!

メルカリでも、出品が相次いだようですが、番組放送直後には完売しています。

 


 


 


 
特に番組の放送直後は需要が高まって、こういうことになりますよね。

きっと、もう少し時間が経てば、また中古での在庫が確保されると思いますので、楽天・アマゾン・メルカリあたりの取り扱い状況を随時チェックしてみてくださいね^^

そして、値段も落ち着いてくると思いますよ。
 
楽天の在庫をチェック!
>>THE MAGICAL CARDS魔法の杖

amazonの在庫をチェック!
>>魔法の杖―THE ORACLE BOOK
 
わたしも、こういう占いとかスピリチュアルな本にハマっていた時期がありました。

昔はけっこう、病んでいたので(笑)こういう不思議なチカラに魅力を感じていたんですよねー。

でも、先ほども書きましたが、やっぱりバランスが大切。

この本の答えだけが全てではないということ、忘れないようにしましょうね★

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)