増田康宏四段の両親や高校大学は?勝率や記憶力についても!

この記事は3分で読めます

おはようございます、佐吉です^^

最近、将棋の藤井聡太四段の活躍が
大注目されていますよね(・ω・)ノ!

プロデビューしてから現在28連勝中で、
負けなし!という状況です。

この連勝記録の28というのは、
歴代1位の記録とのことですが、

この記録は、どこまで更新されていくのでしょうか?!

普段は将棋って全然興味ないけど、
これだけニュースになっていると、
さすがに気になってしまします。

今回は、29連勝をかけた戦いの相手、

『増田康宏四段』

に注目をしてみたいと思います^^

スポンサーリンク

増田康宏四段について

テレビでは、藤井聡太四段の活躍が
毎日のように伝えられていますよね!

『史上最年少でプロデビューした』
というだけでも注目の的なのに、
デビュー後に負けなしで
28連勝を成し遂げるとは、
本当に誰も予想していなかった事態ですから、
それはもう、大騒ぎですよね。

しかし、藤井聡太四段の他にも、
注目すべき若者がいるんだろうな!
と思ったので、

今回は、29試合目の対戦相手である
『増田康宏四段』
に注目してみました!

まずは簡単なプロフィールを確認したいと思います。

*生年月日:1997年11月4日

*出身:東京都昭島市

*段位(将棋):4段

ちょっと、これだけ見ても、
どんな人なのか、よくわかりませんね(・ω・)ノ

まずは、学校を確認したいと思います

*小学校:昭島市立武蔵野小学校

*中学:地元の中学

*高校:都内の通信制高校

*大学:進学せず(?)

(のちほど詳しくリサーチしたいと思います!)

そして、将棋のことについても
簡単に調べてみました。

プロ入りは、 16歳

ということで、藤井選手が14歳でプロデビューを果たすまでは、
10代のプロ棋士は増田康宏さんだったそうです。

そして、どれくらいすごいのか?
という一つの指標として、
勝率があると思います。

藤井四段との対局前、
116戦82勝34敗。

勝率70.68%

プロ同士での戦いで、
勝率が5割を超えているのは
すごいことなんじゃないかな、
って素人目線では思ってしまいます。

棋士の強さを表す数値は「1712」で、
160人中29位とのこと。

わぉ!

藤井さんにばかり注目をしてしまいがちですが、
やっぱり増田さんも
すごい実力の持ち主だったんですね!

将棋界には若手のホープがたくさんいますね♩

お二人の対局が楽しみです^^

スポンサードリンク

両親はどんな人?

プロ棋士になる息子さんを育てたご両親は、
やっぱり将棋が得意なのでしょうか?

ご両親について気になったので、
調べてみました!

増田康宏四段が将棋を始めたきっかけは、
お母様だったそうです。

増田康宏四段がまだ5歳だった時に購入したボードゲームのセットに将棋が入っていたことから、将棋について知るようになったそうです。

この時に、お母様が将棋について教えてあげたのかと思いきや、
どうやらお母様は将棋のルールをご存知なかったようで、
親子でルールや対戦の仕方について一緒に学んだそうです。

ということで、お母様は特に将棋について
知識や経験は持っていらっしゃらない
お方だったということですね。

お父様についてのエピソードは、まだ発見できていませんが、
もし、お父様が将棋が得意な方だったら、
お母様ではなく、お父様が将棋を教えていたでしょうから、
特に詳しい知識はなかったのではないかと思います

ご両親について、
何か新しい情報が入ってきたら、
追記をしていきたいと思います!

現在、小さい子の習い事として、将棋のブームが起きているようです!

今後、棋士のご両親にも注目が集まってくるのではないかと思います^^

記憶力がすごい?!

現在、藤井4段と増田4段のことを、

「記録の藤井」「記憶の増田」

と呼んでいるメディアもあるようです。

藤井四段の 「記録」については
すごさを十分感じておりますが、

増田四段の「記憶」というのは
どういう意味なのか
気になりました!

ものすごい記憶力の持ち主なのでしょうか?!

もちろん、将棋には記憶力や予測する力は必須なので、
記憶力には優れていることは間違いないでしょう。

しかし、増田四段の「記憶力」についてのエピソードは
今の所、発見できていません。

もしかしたら、私の解釈が違っているのかも(・Д・)ノ

「記憶に残る選手」という意味かもしれません!

増田四段のコメントって、
ズバッと的確に真理をついていて、
ハッとさせられるので、
それが「記憶に残る」という意味なのかな?
と勝手に解釈を変えてみました。

例えば、今回の藤井四段が28連勝をしており、
自分が29戦目の相手となることについての
コメントは以下のようなものでした。
 


 
「将棋界はぬるい所」と思われるのは悔しいです。」
 
こんなコメントが出てくるとは、
正直オドロキです(・Д・)ノ

藤井四段が楽々連勝をしているわけではない。

また、藤井四段以外が、弱小というわけではない。

そのことを的確に表現した
冷静なコメントだと思います。

「将棋界はぬるい所」ではない。

だからこそ、本気で、全力で戦いに挑むのでしょう。

この後の藤井四段との戦い、
注目したいと思います!

ちなみに、藤井四段の将棋の本を発見しました。
 

 
いつにない将棋ブーム、
ルールくらい学んでみようかな
なんて思っている今日この頃です。

それでは、最後までお読みいただき、
ありがとうございました★

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)