モコズキッチン(8月8日)魚に草を挿す料理の画像や作り方は?

この記事は4分で読めます

おはようございます、佐吉です^^

今日から夏休みということで、張り切って早起きをしました!笑

仕事の日はなかなか布団から出られないのですが、休日となると不思議と起きられるんですよね。小学生みたい。笑

でも、特に午前中は用事があるわけではないので、いつもはあまりゆっくり見られないZIPを見ていました。

そして、番組の最後のコーナーである「モコズキッチン」があまりにも衝撃的だったので、記録に残しておこうと思います!

これはきっと神回として今後も語られることになると思うので、見逃してしまった方にも是非見ていただきたいです(・Д・)ノ

スポンサーリンク

2017年8月8日の魚料理が話題!

普段、朝の情報番組は身支度などをしながら慌ただしく、ただテレビをつけているだけという状態のことが多いのですが、今日は平日休みだったので、ゆっくり見ることができました。

モコズキッチン、いつも聞いたことのないような調味料や食材が登場して、割と珍しい料理コーナーだなと以前から思っていました。

でも、こういう料理もあるんだ〜と、軽くカルチャーショックを受けつつもそこまで気にせずに見ていました。

でも、でも、今回の料理はどうしても受け流せませんでした(・Д・)ノ

それは、他の視聴者のみなさんも同じだったようです。

ひよこ
ちょっと安心した…
 


 


 


 
このようなコメントが多数ツイッターにも上がっています。

アルパカ
怖かった
 
ひよこ
神回
 
アルパカ
爆笑
 
ひよこ
凄かった
 
アルパカ
迷作
 
…などなど、様々なコメントがありました。
 
このコメントを見たら、いったいどんな料理なのか気になりますよね!

ちょっと怖いかもしれませんが、それでも見てみたい!という方は、この先に画像を貼っておきますので、ご覧ください。

スポンサードリンク

イサキとハーブのオーブン焼きの画像は?

今回紹介されたレシピは、「イサキとハーブのオーブン焼き」です。

この料理名だけ見たら、美味しそうですよね!

何がそんなに話題になっているのでしょうか、、、?!

それはビジュアルです(・Д・)ノ
 


 
、、、やばくないですか?!
 
魚にローズマリーを挿して、オーブンで焼くんです。
 
しかも、焼きあがったら魚の目も真っ白で、ローズマリーは茶色くなってしまって、さらに衝撃です。
 


 
今回は、「両親が家に遊びに来るので、華やかでさわやかな、おもてなし魚料理を教えて欲しい」というリクエストにお応えして紹介されたレシピです。

このお料理を見て、ご両親はどんな反応のなさるのでしょうか…?!

個人的には神社とかのお祭りの儀式かと思いましたw

でも、ふざけている様子はなく、淡々と料理を作って、試食をするもこみちさんを見ていると、これが最先端のおもてなしなのか、と思ってしまったりします。

でも、でも、これだけツイッターで話題になっているということは、やっぱりみんな驚いているということで、自分の感覚を否定しなくても良いかな、と思いました。笑

レシピが気になる!

こんな衝撃料理、なかなか作ろうと思う人は多くないとは思いますが、逆に「あの話題の料理!」ってことで、挑戦する人もいるかもしれないので、一応レシピを確認しておこうと思います。

モコズキッチンでは、特に細かい分量などは紹介されないので、だいたいこういう感じか〜って程度で紹介させていただきますね。

・オリーブオイルで、ジャガイモ、にんじんを炒める

・イサキ(下処理済みのもの)に塩胡椒、オリーブオイル、白ワインをなじませる

・金串などでイサキに穴をあける

・穴にローズマリーを挿し込む

・野菜に塩胡椒、マッシュルーム、セージ、バター、シーズニングを加えてさらに炒める

・耐熱容器に野菜と魚を移す。この時に魚の漬け汁もかける。

・190度に予熱したオーブンで30分焼き上げる
 
見逃し配信もされているので、気になった方は7日以内に是非1度ご覧になってみてください^^
 


 
モコズキッチンのコーナーのあと、スタジオにカメラが戻って一言くらい感想やコメントなどの発言が毎回あるのですが、今回は時間の関係もあったのかもしれませんが、みなさんノーコメントでした(・Д・)ノ

いや、これはどう触れて良いのかわからないですよね(・Д・)ノ

見れば見るほど、衝撃的な料理だと思います。

これからもモコズキッチンには伝説を残していって欲しいと思います★

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)