森のくまさん作者の馬場祥弘とは?パーマ大佐の歌詞や動画も!

この記事は3分で読めます

こんばんは^^

今日はお昼休憩を利用して、
友人とランチをしてきましたー

普段はお弁当を作ったり買ったりして、
職場で食べることが多いのですが、
珍しくお昼に外食をしました★

素敵なイタリアンのお店で、
ちょっと変わったメニューがあって
個人的にツボでした^^

わたしは「下仁田ネギとアンチョビのクリームパスタ」を注文!
美味しかったです〜!!!

もちろん定番のミートソースやカルボナーラなどもあったのですが、
そちらの商品が気になっちゃったんですよね。

またぜひ行きたいお店となりました♪

さて、ネットでニュースを見ていたら、
芸人のパーマ大佐が慰謝料を請求されているらしいです(・Д・)ノ

どういうことなのか気になったので、
調べてみましたー!

スポンサーリンク

パーマ大佐の森のくまさん

「森のくまさん」という曲は、
動揺としてかなり有名どころですが、
その替え歌を歌っているパーマ大佐ってご存知でしょうか?

こんな感じで、ウクレレを持って、
結構うまい歌をうたう芸人さんで、
第二のピコ太郎なんて言われてもいます。

パーマ大佐(パーマたいさ、1993年8月26日 – )は、日本のお笑いタレントである。埼玉県北本市出身。太田プロダクション所属。本名、國土 郁音(こくど いくと)。

引用

そして、話題の『森のくまさん』はコチラです。

>>歌詞はコチラをご覧ください。

このネタは知っていましたが、
まさかCDデビューをしていたとは
驚きでした(・Д・)ノ

スポンサードリンク

本家の馬場祥弘さん

パーマ大佐のことは、テレビで見かけたりして
なんとなーく知っていましたが、
そういえば、本家のかたのこと、
一つも知りませんでした(・Д・)ノ

この機会にざっくりまとめておきます!

馬場 祥弘(ばば よしひろ、1944年[1] – )は、日本の小説家、作詞家。大阪府出身。別名「小森 豪人(こもり ごうじん)」。

引用

名前が二つあるようですが、作人のジャンルなどによって
名前を使い分けているようです。

そして、今回注目されている「森のくまさん」についての情報もありました。

『森のくまさん』の日本語訳詞者。この歌が『みんなのうた』で紹介された当時は日本語作詞者は不詳とされていたため、「作詞・作曲:不明(アメリカ民謡)、編曲:玉木宏樹」とされていたが、その後、馬場祥弘による「『森のくまさん』は自身が作詞・作曲した作品である」という主張が認められ、一時期は「作詞・作曲:馬場祥弘」としてJASRACに登録されたが、その後の調査で原曲となるアメリカ民謡の存在が判明し、「作詞・作曲:不明(アメリカ民謡)、日本語訳詞:馬場祥弘、編曲:玉木宏樹」となった。玉木宏樹は著書の中で、伝聞であるがとした上で馬場祥弘が一時期「作詞・作曲者」となったのは文化庁に直訴したからと述べている。

引用

森のくまさんは、もともとアメリカの民謡だったんですね〜
それを馬場さんが訳したってことですね。

馬場さんはこの森のくまさんに対する思いが強いのですかね?

もともとアメリカの民謡が存在するにもかかわらず、
自分の『作詞・作曲』と登録するように文化庁に直訴するって
なかなかの強気ですよね???

そして今度はパーマ大佐を訴えるという…

訴訟の内容は?

さて、訳者の馬場祥弘さんがパーマ大佐を訴えたそうですが、
一体何があったのでしょうか???

童謡「森のくまさん」の日本語の歌詞を手掛けた大阪府の馬場祥弘さん(72)が18日、替え歌の芸を収録したCDで著作者としての人格権を侵害されたとして、太田プロダクション(東京)所属の芸人「パーマ大佐」さんと制作、販売したユニバーサルミュージック(同)に 慰謝料300万円の請求を通知した。

引用

うーん、、、
どうして馬場さんが慰謝料を請求するのか
いまいちピンときません。

もともとアメリカの民謡として存在していた歌を訳したという立場で、
替え歌を作った人に慰謝料を請求できるのかな???

そしたら、編曲をした玉木さんも、パーマ大佐から
慰謝料をもらおうと思えばもらえるのかな?

もともとのアメリカの作詞作曲者が出てきて
「ふざけたアレンジをするな!」っていうならわかるんだけど、
なんで訳した人が???

なんかスッキリしない。

別にパーマ大佐のファンってわけではないけど、
なんか可哀想な気がする。。。

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)