NHKスペシャルで紹介の血糖値スパイク予防法は?食べ方に注目!

この記事は3分で読めます

こんばんは!

本日、10月8日放送のNHKスペシャルで

「血糖値スパイク」という病気についての特集が

生放送で行われました!

 

食後、急激に血糖値が上がってしまう病気で、

心筋梗塞や脳梗塞、認知症などの、

危険な病気につながるものだそうです。

 

血糖値スパイクについては、こちら↓

血糖値スパイクとは?診断法や症状は?予防法や対策もチェック!

 

それを予防・改善するための方法が紹介されるということで

放送を楽しみにしていました!

 

紹介された内容を、

メモしていこうと思います〜^^

スポンサーリンク

 

*食べる”順番”に気をつけろ!

血糖値の上がりにくい、食べる順番があるようです。

 

同じ食事を摂るにしても、

食べる順番を意識することによって、

食後の血糖値の上がり方が

比較的緩やかになるようです!

 

〜番組おすすめの食べ順〜

 

・野菜

↓↓↓

・肉、魚

↓↓↓

・ご飯

 

個人的には、炭水化物大好きなので、

ご飯から食べたいのですが…

やっぱり野菜からがいいんですよね…

 

いわゆるコース料理で

出てくる順番ですね。

 

いつも、

「最初にご飯とおかずを

出してくれたいいのに!」

…と思いますが、

きちんと意味があるんですねε-(´∀`; )

 

 

*厳禁!朝食抜き

朝ごはんを抜くと、そのあとに食べる、

食事の後の血糖値の上がり方が

激しくなってしまうそうです。。。

 

朝ごはんに限らず、

食事を抜いてしまうのは

よろしくないとのこと。

 

空腹の時間が長いと、

次の食事をとった時に、

一気に血糖値が上がってしまう

…とのこと。

 

ダイエットしたい!とか、忙しい!とかで、

食事を抜いてしまうこともありますが、

かえって逆効果になってしまうとは

悲しい現実を知りました(・Д・)ノ

 

Q.逆に、食べ続ける(間食が多い)のは、どうですか?

空腹の時間が長いのは、いけないという説明だったので、

番組内で、上記のような質問が出てきました。

 

専門家の先生たちの回答は、

もちろん、それもダメとのこと。

 

食べると、

程度はどうであれ、

血糖値は上がります。

 

ということは、食べ続けると、

血糖値が高い状態が続くことになるので

もちろんカラダによくないですね。

 

健康のためには、バランスよく

1日3食をきちんと食べるのが

いいってことですね〜

(そのなかでも、食べる順番にも気を配る。)

 

スポンサードリンク

 

*食後にちょこちょこ動け

うーん、なかなか運動って難しいなぁ。。。

と思って聞いていましたが、

「運動」と言っても、

”ちょこちょこ”動くということで、

 

デスクワークの人が、

トイレなど、席を立つ時に、

すこーし遠回りするとか、

会議を立って行う、という程度でも

効果はあるとのことです。

 

食後、座りっぱなしで、

(もしくは寝っ転がって…)

体が消化吸収にだけ

集中してしまうと、

血糖値も上がりやすくなってしまうそうです。

 

「食べた後にすぐ寝ると牛になるよ!」

って、小さいころ言われていたのを思い出しました。

 

ウォーキングとか、水泳とか、

がっつりとした運動じゃなくてもいいので、

体を少しでも動かすことを意識することで

変わるそうですから、

知ってて損はないですよねー。

 

…あとは、やるだけ(・Д・)ノ

 

 

最後に…

ちなみに、本日10月8日は、

”糖を測る日”らしいです。

 

ただのダジャレかと思いましたが、

ほんとらしいです。笑

 

番組を見る前に、自分なりに調べたこともあるので、

↓よろしければこちらもご覧ください↓

血糖値スパイクの原因は?自覚症状はある?診断方法は?

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。