武田真一(NHKアナ)パンクバンド時代の画像は?ギターを担当?

この記事は2分で読めます

こんにちは、佐吉です^^

今日は平日に溜まっていた
諸々の作業を片付けていました〜

せっかくの週末ですが、
あいにくの雨で
桜を見に外出する気にもならず。

おとなしく家で過ごそうと思います。

ネットを見ていて気になる記事を発見しました!

NHKの武田真一アナウンサーですが、
高校時代は髪を逆立てて
パンクバンドのギターを担当していたらしいです(・Д・)ノ

普段の印象からは全然想像ができないので
画像はないのか、気になって調べてみました!

スポンサーリンク

武田真一アナ

NHKのアナウンサーというだけでも
結構かたいイメージですけど、
さらに、普段ニュースで報道をしていますよね。

大きい事件とか事故とかの臨時ニュースでも
安定感のあるアナウンサーとして、
NHKの顔とのことです。

確かにそうですね〜
なんか、ほっとしますよね。

しかし、真面目な表情だけではなくて、
前回の紅白歌合戦では、
総合司会として、新しい一面も見せてくれましたね^^

これは結構意外な姿でしたね〜

先ほどの『ゴジラマイク』の動画、
ご覧になったでしょうか?

あれは無理してやらされたわけではなく、
ご本人が考えて、自らやったことだそうです。

スポンサードリンク

高校時代のエピソード

話は武田アナの高校時代にさかのぼりますが、
当時、パンクバンドのギターを担当していたらしいです(・Д・)ノ

これも意外な事実ですよね!

熊本での高校時代にはパンクバンドでギターを担当し、大学時代も4年間、サークルでバンド活動をしていた。

「ステージでは髪を逆立てたりもしていましたね(笑い)。高校の学園祭の時には体育館でライブをしたのですが、ぼくが激しく動きすぎてギターアンプをひっくり返してしまい、怒った音響会社のかたがマイクやスピーカーの電源を落としてしまったことがあるんです。 そのときには体育教官室からメガホンを持ってきて、ボーカルはそれを使って延々と歌い、ぼくらも大騒ぎを続けたんですよ」

引用

かなり激しく楽しんでいたようですねー!
全然想像できない〜

あんな、ゴジラマイクはまだまだ序の口って感じですね!

高校〜大学とバンドを楽しんでいた武田アナが
どうしてアナウンサーになったのでしょうか?

しかも、NHKの!笑

こちらはウィキに理由が書いてありました。

高校時代はバンド活動でオリジナル曲の作詞をするなどしていた。大学時代の就職活動時に、友人の誘いで日本放送協会に応募し、当初はディレクター志望で応募したが、アナウンサーとして採用された。自分がアナウンサーの適性があるなど全く思っていなかったので、驚いたという

引用

もともとディレクター志望だったんですね。

自分ではもともと志望していないアナウンサーとして採用されて
ここまでの安定感を得るには
相当な努力があったんでしょうね。

きっと、アツイ人なんでしょうね。
何事にも。

画像はある?

気になるのは高校&大学時代の
バンドのときの写真。

さすがに、その画像は見つかりませんでした。
そのうち、武田アナの特集みたいなものが組まれる時には
1枚くらい提供してくれるかもしれないですね。

でも、ギターを弾いている最近の姿の動画は発見しました。

今でも弾いているんですね〜

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)