荻原さちこ(城郭ライター)の経歴や活動内容は?年齢や結婚は?

この記事は3分で読めます

こんにちは。

先ほど、「全国城サミットin弘前」」という

イベントについて調べていたのですが、

(気になる方は、こちらよりご覧ください。)

http://sak1chi.com/shiro-samit-geust/

 

そのゲストとして名前の挙がっていた

「荻原さちこ」さんという方が気になりました。

 

お名前を初めて聞いたというのと、

職業が「城郭ライター」ってなんだ???

という疑問があったので、

自分なりに調べてみました〜☆

スポンサーリンク

城郭ライターとは?

まず、私には「城郭」の意味がわかりませんでした…

じょうかく
城郭・城廓】
:城(または町)を敵の攻撃から守るための施設。城の囲い。くるわ。更に広く、城。

ほう!そういう意味なんですね!

ということは、お城そのものもそうですけど、

お城を守るための色々な工夫だったりを、

調べたり、伝えたりなさっているという

イメージでいいんですかね?

 

上記イベントで、春風亭昇太さんと一緒にゲストとして招かれているので、

お城好きの中ではかなり有名なお方なんだろうな、

ということが感じられます。

 

■「荻原さちこ」さんのプロフィール、年齢

どんな方が全然わからなかったので、調べてみました。

【生年月日】

1976年生まれ(月・日は、出てきませんでした。)

→【年齢】40歳(2016年現在)

【出身】東京

【お城好きはいつから?】

小学校2年生の時に、松本城を見て、

お城の魅力に目覚めたそうです。

【モットー】

お城の魅力をわかりやすく楽しく伝える

 

スポンサードリンク

 

■経歴、活動内容、著書

こちらは、ご本人のHPからの引用です。

小学2年生で城に魅せられる。日本人の知恵、文化、伝統、美意識、歴史の
すべてが詰まった日本の宝に虜になり、城めぐりがライフワークに。

印刷会社、出版社、制作会社、広告代理店等の勤務を経て独立。

現在はフリーライターとして執筆業を中心に、
テレビ・ラジオなどのメディア出演、イベント出演、講演、講座、ガイドのほか、
お城イベントプロジェクト「城フェス」の実行委員長もこなす。

お城って、言われてみれば、確かに、

「日本人の知恵、文化、伝統、美意識、歴史」

が詰まっている、大切なものですよね。

 

ただの「建物」ではなく、

様々なストーリーがあって、

今まで残されてきているんですね。

 

なんだか、ちょっと興味が湧いてきました^^

 

著書

『わくわく城めぐり〜ビギナーも楽しめる<城旅>34〜』(山と渓谷社)、
『戦国大名の城を読む 築城・攻城・籠城』(SB新書)、
『日本100名城めぐりの旅 7つの「城の楽しみ方」でお城がもっと好きになる』(学研パブリッシング)、
『「現存」12天守めぐりの旅 歴史ある国宝・重文のお城をたずねる』(学研パブリッシング)、
『お城へ行こう!』(岩波ジュニア新書)、
『今日から歩ける 超入門 山城へGO!』(西股総生氏との共著/学研パブリッシング)
『図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防のすべて』(サイエンス・アイ新書)。
ほか、新聞や雑誌、WEBサイトでの連載、共著多数。

たくさんの書籍を執筆なさっているんですね。

これはお城のスペシャリストですね!!!

今まで知らなくてゴメンなさい!

 

■結婚してる?

活躍している女性を見ると、

ついつい、結婚しているのかな?

と気になってしまいます。

 

ご本人のブログやツイッターなどを見てみました。

 

残念ながら、

はっきりとした情報はなかったのですが、

個人的な見解としては、

結婚されていないのでは?と思います。

 

理由としては、

*ブログ等に「夫」とか「家族」とか「子供」などの言葉が出てこない。

あえてお仕事の内容だけをアップしているのかもしれませんが、

外食の様子とかはアップされていたり、

たまにお父様について書かれていたりするので、

もし旦那さんがいるなら、登場してもおかしくないのかなぁと

個人的には考えました。

 

*バリバリお仕事されている。

ブログの様子を見ていると、全国飛び回っているようです。

なかなか旦那さんやお子さんがいたりすると

こうやってフットワーク軽く動くのは、

難しいんじゃないかな?と思った次第です。

 

…どちらにせよ、お城への情熱が強いことは確かです。

 

最後に…

こうやって、自分の好きなことを他の人にも理解してもらいたい!

大切な文化、歴史を残したい!

と熱心な活動をしている女性を知ることができてよかったです。

なんだかエネルギーをいただきました^^

スポンサードリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)