ランドセル2018モデルはいつ買う?予約や人気の色についても!

この記事は5分で読めます

こんばんは、佐吉です^^

先日、ふらっとデパートに立ち寄ったのですが、
すでに「ランドセル売り場」があったんですよねー(・Д・)ノ

アルパカ&ひよこ
え、まだ6月ですけど???

って思いましたが、
どうやらランドセルって、
小学校に入学する4月よりも
かなり前から選び始めるらしいです(・Д・)ノ

2018年4月に新しく小学生となる子どもたちのために、
いったいいつからランドセルを選び始めれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

ランドセル購入のスケジュールは?

最近、「就活」とか「婚活」とか
言われていますが、
このランドセル購入については
「ラン活」と言われているそうです(・Д・)ノ

春が近づいたら、
近所のお店で購入すればいい

って勝手に思っていたのですが、
どうやらそれでは
欲しいものをゲットできない場合が
あるそうなんです(・Д・)ノ

ちょっとびっくりしているのですが、
6月の時点ですでに
2018年入学の子供達のための
「ラン活」が始まっています!

「ラン活」の年間スケジュールを確認しましょう。

*4月:入学おめでとう!

 

*5月〜8月:各種メーカー新モデルの発表&販売開始

ゴールデンウィークに家族でランドセルの新作を見ることができるように準備をしている販売店も!

お盆の帰省でおじいちゃんおばあちゃんに買ってもらうケースも多いようです!

→2015年のランドセル売り上げピークは8、9月でしたが、2016年は7、8月がピークだったそうです。毎年、購入時期が早まっている印象です(・Д・)ノ2017年も、夏のうちに購入がピークとなりそうですね。

 

*10〜11月:早割予約の締め切り迫る!

→夏に新モデルが出揃って、どれにしようかと比較検討する時期ですかね。
お得なキャンペーンが実施される販売店もあるようなので、気になるメーカーやお店がある場合には、こまめに情報収集が必要ですね!

→あんまり購入時期を先送りすると、人気モデルの予約は受け付けが終了という場合もあるので、気に入ったモデルがある場合は早めの決断を!

 

*年末・年始:初売りがお得!

→初売りは、お得だけど、かなり激戦の予感!
確実にゲットできるかどうかは不明!

 

*2〜3月:入学時期直前の安売り

値段重視ならこの時期!
だけど色やデザインの選択肢は少なくなってる。

 

だいたいこんな感じで1年が過ぎていくんですね。

いやぁ、早い人は5月のゴールデンウィークから動き始めているんですね(・Д・)ノ

ランドセルって、6年間、学校に行く日は毎日使うものだから、
できるだけ気に入ったものを購入したいですよね。

しかも、デザインだけじゃなくて、
6年間使ってもボロボロにならないで欲しいし、
背負った時の感じ(重さとか肩が痛くならないかとか)も大切ですよね。

 

私が小学校に入学する前にランドセルと買ってもらった時のこと、今でもはっきり覚えています。

それくらい嬉しくて、印象的な出来事だったんですよね。

約20年前の話ですが…
冬に家族で外食した帰り道に、
近所の靴屋さんでランドセルが売っていて、
そこで赤いランドセルを買ってもらいました。

自分のイニシャルを入れてもらったのが
すっごく特別な感じがして、
ずーっと気に入ってました^^

当時はランドセルは赤/黒がほとんどで、
クラスに1人くらい、
ピンクとか赤紫っぽい珍しい色の
ランドセルの女の子や
茶色や深い緑色のランドセルの
男の子なんかもいましたけど、
いわゆるお金持ちの子達や
ママがめっちゃオシャレとか
そういう子達に限定されていましたね。

今では、当然のように、いろんな色が販売されていますよね(・Д・)ノ

アルパカ&ひよこ
売り場がレインボー★

 

昔の思い出に浸ってしまいましたが、
そう、20年前のうちの場合は、
冬にランドセルを買っていました。

しかも、特にいろんなブランドと比較検討するわけではなく、
(親は色々とリサーチをしておいてくれていたのかもしれませんが)
近所の靴屋さん(革製品のお店)で売っているランドセルを
その場で購入して持ち帰るというパターンでした。

これが当時のフツーだったのかは不明ですが、
現在の「ラン活」は、カナリ盛り上がっていることは確かなようです。

踊らされないように、
しかし、取り残されないように、
現状を知っておきましょう。

スポンサードリンク

予約(購入)はいつまでにするの?

ランドセルを実際に使い始めるのは、
もちろん4月からなのですが、

現在購入時期のピークは7・8月だそうです(・Д・)ノ

入学の半年以上前から、ランドセルを決めるんですね!

アルパカ&ひよこ
はやっ!!!

もちろん、売り始める時期が早まっているだけなので、
別にその時期に買わなくても良いんですけどね。

でも、うまいこと購入を煽ってきます。

早めに購入(予約)をすれば、〇〇%オフ!

とか、

今だけ!ランドセルの防水カバーが付いてくる!

とか、

限定〇〇個のみ!!!

とか、、、

とにかく色々とあるみたいです。

もちろん、どちらにせよ買う必要があるものですから、
魅力的なキャンペーンがあれば利用したほうが良いですよね!

しかし!
この商戦に乗って、後悔したというお話も聞きます。

入学の半年以上前、
場合によっては、およそ1年前にランドセルを選ぶ。

→いざ4月に使おうと思ったら、お子さんの気が変わって、他のものを欲しがる。

なーんてトラブルも起きているみたいです( ; ; )

確かに、夏の気分と春の気分は違うかもしれませんね。笑

まぁ、そんなこと言っても買い直しはできないですが。

お得に買いたい!という大人の事情もありますが、
購入する前に「6年間大切に使えるか?」ということを
きちんとお子さんと確認をしておく必要がありますね!

でもでも、だからといって、購入を先送りにしていると、
買おうと思っていたものが、予約受付が終わっている!
というパターンもあるそうなので、
なかなか難しいですね。

ちなみに、少量の限定販売の商品でなければ、
早期予約割引は一般的に10月もしくは11月までのようです。

それぞれのメーカーや販売店舗によって
締め切りは異なるので、
こまめにチェックしたほうがよさそうです!

人気のメーカーや色は?

ランドセルの選択肢が以前に比べて格段に増えている分、
何を選んだらよいのやら、分からないですよね、、、

ブランドのランドセルとしては、
このようなブランドが人気で、
しかも生産数が限られているので、
早めの入手が必須です。

萬勇鞄さんは、すでに5月に資料請求が終了しています(・Д・)ノ

*萬勇鞄
>>公式サイト

*土屋鞄
>>公式サイト

その他には、

*フィットちゃん
>>公式サイト

*セイバン
>>公式サイト

セイバンさんは、DAIGOさんがCMをやっている
「天使の羽」というランドセルが有名ですよね!

個人的に全然ランドセルが必要じゃなくても、
このCMは頭に残ってしまっています(・Д・)ノ笑

あとは、

*イオン

*ニトリ

*イトーヨーカドー

などのメーカーになってくると、
そこまで早め早めに購入しなくても
ある程度の在庫は確保されているようです。

ランドセル以外の商品もたくさん売っているメーカーだから、
普段のお買い物のポイントなどもうまく活用して、
お得に買えたらいいなぁ〜って感じがしますよね。

ちなみに「色」ですが、

男の子は、やっぱり「黒」が定番のようです。

しかし、背中の部分や側面にさりげなく
ワンポイントの挿し色がされていたりする
おしゃれな商品がたくさん出ています。

「黒」以外だと、「深い緑色」や「茶色」も人気のようです。

使うほどに味が出てきそうですね〜★

 

女の子は、「赤」というよりは、
もう少し落ち着いた色が人気のようです。

「赤みのある茶色」というのでしょうか、
ブロンドというのか何というのか、
そういう落ち着いた色が人気で、

その次に「赤」や「ピンク」、
そして「青」や「黒」なども人気だそうです。

女の子の方が、いろいろな色を選んでいるようですね。

こうやって、いろいろとランドセルを調べてみましたが、結構お高いですねー(・Д・)ノ

いや、6年間使えるものだし、革製品だし、高いよなっていうのは思っていたのですが、
5万とか、ブランドものだと10万円近いものもあって、
すごくびっくりしちゃいました(・Д・)ノ

アルパカ&ひよこ
社会人をやっていても、そんな高価なバッグを買ったりしていないのに( ; ; )

いやぁ、でも、自分が小学生の時も、
ランドセルを買ってもらっていたんだもんなぁ。

なんか、もっと大切に使えばよかったと後悔しています。

もっともっと親に感謝して、使えばよかったなぁ。

小学校の高学年になった頃には、
ランドセルほとんど使わないで、
自分の気にいったショルダーバッグとかで
通学していましたもんm(_ _)m

きっと親は

アルパカ&ひよこ
せっかく買ったのに…

と悲しい気持ちだったんだろうな( ; ; )

今更だけど、ごめんなさいの気持ちがいっぱいです。

そんな親の愛が詰まったランドセル、
お子さんたちが大切に使えるように
親子で納得の買い物ができるといいですね!

良いランドセルと出会えますように★

それでは、最後までお読みいただき、
ありがとうございました♩

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)