資生堂ボディーソープ自主回収の対象商品や理由は?返金についても!

この記事は4分で読めます

こんばんは、佐吉です^^

最近、夏バテなのか体が思うように元気じゃなくて困っています…

別に寝込むほどの具合の悪さではないのですが、だるーい感じで色々とやる気が出ませんm(_ _)m

なので(?)自分を励ますために、奮発して白くま(アイス)を買っちゃいました★

ひよこ
これ食べて、元気出してくれ!
 
…と、自分で自分にエールを送っています。笑
 
さて、アイスのおかげで多少元気になったので(単純)ネットを見ていたら、資生堂さんのボディーソープが大がかりな 自主回収になっているようです(・Д・)ノ

いったい何があったのでしょうか?

そして、対象商品がウチにもあるかしら?と思って調べてみました!

スポンサーリンク

自主回収の理由は?

以前、食品メーカーに勤めていたことがあるのですが、 『自主回収』って、その会社にとってかなり大きな事件です。

コストもかかるし、こんなに大々的にやるんじゃぁ、世間からのイメージや信頼も損ないかねません。

では、今回どうしてボディーソープの回収が行われているのでしょうか?
 


 
『香りに異常』ということが騒がれています。

ひよこ
異常って…???
 
アルパカ
くさいの???
 
なーんて思いましたが、どうやら、異臭ではなく、『香りが弱い』ということが回収の理由のようです。

変な匂いがするわけではなく、香りが弱くて、社内の規格基準に達していないものが出荷されてしまったようです。

その商品を使用していたとしても、安全性や洗浄の効果には問題はないとのこと。

これは、かなり勇気の要る決断だったのではないでしょうか。

工場に勤めていた人間からすると、生産した商品が回収されて処分されるなんて、悲しくてショックです。。。

もちろん、そのような結果になってしまったのは自分たちの管理体制の不備が原因でもあるのですが、、、

「香りが弱いなんて、消費者にわかるの?」

って思う人もいるでしょうね。

わたしは以前、食品メーカーで、ひたすら工場で作られた商品を食べて味や食感、見た目などをチェックする仕事もしていました。

毎日食べ続けると、ちょっとした違いも分かってきます。

もちろん、たまーにしか食べない人を基準にすれば、多少ブレていても構わないのですが、やはりモノをつくっている側からすると、それではいけないんですよね。

しかも、毎日買ってくれているお客さんをがっかりさせてはいけませんからね。

多少味が違っても、健康に害がないからOK、とは言えないのです。

この資生堂さんのボディーソープも、きっと同じようなことだと思います。

香りが弱くても、安全だし、汚れを落とすことはできるからOK、って言っちゃったら、ダメなんですよね。

メーカーとしての意地というか使命というか…

回収された商品がどうなるのかって考えると、もったいないような気もしますが、メーカーとしての姿勢には感心してしまいます。

スポンサードリンク

対象商品は?

気になるのは、どの商品が回収の対象なの?ってことです。

もしかしたら、ウチにもあるかも???なんて、思います。

平成29年1月から7月に久喜工場で製造した一部商品が、回収の対象のようです。

これをチェックするために、『製造記号』を確認する必要があります。

ボディーソープのボトルだと、『底面』に記載がされていて、

詰め替え用の商品だと、『裏面の右下』に記号か記載されています。

■対象商品、製造記号

*クユラ ボディーケアソープ(ジャンボサイズ) 心華やぐ香り
 製造番号:7060~7188

*クユラ ボディーケアソープ(つめかえ用) 心華やぐ香り
 製造番号:7111

*クユラ ボディーケアソープ(ジャンボサイズ) 心やすらぐ香り
 製造番号:7054~7129

*クユラ ボディーケアソープ(つめかえ用) 心やすらぐ香り
 製造番号:7025~7047

*専科 パーフェクトバブル フォーボディー (スウィートフローラル)
 製造番号:7076~7152

*専科 パーフェクトバブル フォーボディー (スウィートフローラル)n(つめかえ用)
 製造番号:7065~7160

*専科 パーフェクトバブル フォーボディー (フローラルプラス)
 製造番号:7058~7144

*専科 パーフェクトバブル フォーボディー (フローラルプラス)n(つめかえ用)
 製造番号:7040~7158

*ばら園 ローズボディーソープRX
 製造番号:7052~7111

*ベネフィーク

 ボディーシャンプー (フォルミング)
 製造番号:7053~7131

*ベネフィーク

 ボディーシャンプー(フォルミング)(レフィル)
 製造番号:7111、7170

*アウスレーゼ

 トロッケン ボディーソープ
 製造番号:7066~7076

*エージーデオ24

 メンズオフィスデオ ボディーソープ N(つめかえ用)
 製造番号:7046、7047
 
ちなみに、該当商品でも、製造番号が該当していなければ、問題はないのでそのまま香りを楽しみつつ、ご利用ください^^

こんなにいろんな種類のボディーソープがあったんだぁ(・Д・)ノ

対象商品を持っていたらどうする?返金はある?

さて、ウチにはこちらの商品はありませんでしたが、もし、発見した場合にはどうしたら良いのでしょうか?

お問い合わせ窓口
フリーダイヤル  0120―203―354

受付時間:7月22日(土)~8月4日(金)までは、9:00~21:00(土・日を含む)、8月7日(月)以降は、9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

>>ネットでの問い合わせはこちらから。
 
どうやら、対象の商品を資生堂さんへお返しすれば、商品代の相当額を返金してくれるそうです。

ボディーソープって、何千円もするものでもないですけど、自分がお金をもらうためというよりは、今回、管理体制に不備があったという資生堂さんの久喜工場の方々が今後このようなミスをしてしまわないためにも、回収には協力をした方が良いのではないかと思います。

なんだか、『自主回収』という言葉に反応して、アツくなってしまいましたm(_ _)m

どうかこのようなことが繰り返されませんように。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)