栃木会館の解体の理由は?費用や期間は?今後の活用法についても!

この記事は2分で読めます

こんにちは。

 

先ほどニュースで、

「栃木会館が2016年11月から解体工事を行う」

ということを耳にしました!

 

栃木会館って、栃木県庁の目の前にある、

古めの大きな建物ですよね?!

 

結構存在感がある建物なので、

それが無くなると思うと、

なんだか寂しいです…

普段、特に用はないのだけれど…

 

この解体について、

いろいろと気になったので、

調べてみました^^

スポンサーリンク

解体の理由は?

あの大きな建物を解体するとなると、

かなり大掛かりなことになりそうですが、

なぜ、解体することが決まったのでしょうか?

 

その理由は…

耐震強度の不足

 

確かに…見るからに古い建物ですもんね。

それが地震で崩れたら大被害ですよね。

 

相当古い建物ですから、

おそらく費用などの面でも

耐震補強工事などではなく、

解体するという選択に至ったのでしょうね。

 

解体の費用はいくら?

さて、あれだけ大きな建物ですが、

解体にはいくらかかるのか気になりました。

 

その金額はなんと!

「5億5600万円」

 

一般人の私にはこれが高いのか安いのか、

もはやよくわかりませんが、

大きなプロジェクトですね(・Д・)ノ

 

スポンサードリンク

 

解体の期間は?いつまで?

しばらく前ですが、

「(栃木)県庁って、いつ見ても工事をしているなぁ。」

「いつまで工事してるんだろう?」

…なんて思っていました。

 

そんな時期、ありましたよね?!

(宇都宮市民なら伝わるはず!笑)

 

栃木会館の解体には、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

 

【解体の準備】

2016年10月17日〜

*囲いなどを設置する。

↓↓↓

【解体開始】

2016年11月中旬〜

↓↓↓

【終了予定】

2018年2月

 

…およそ1年半くらいですね。

頑張っていただきたい!

 

解体後の活用方法は?何ができるの?

2018年に解体が終了して、

更地になるようですが、

その後、そこには何ができるのでしょうか?

 

実は…

「まだ決まっていない」

…らしいです(・Д・)ノえ????

(2016年10月現在)

 

しばらくは、

芝生公園になるとのこと。

 

JRと東武宇都宮駅の中間という

宇都宮の中心部分に位置している訳ですから、

ただ芝生って勿体無い気がするのは

私だけでしょうか…???

 

まぁ、車を置けるところが十分にないと、

ショッピングモールのようなものも

難しいですもんねー…

 

正直あの辺は車では行きにくいもんなぁ。

なんて今後の展開を一人考えてます。

 

最後に…

栃木会館には以前、

就職活動の際に何度か訪れたことがあります。

当時でもかなり古いなぁという印象でした。

何年前に建てられたのでしょうね?

 

ちなみに、その時の面接には落ちました♪(´ε` )笑

苦い思い出の場所です。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)