ウィルソン・キプサングの国籍や年齢は?結婚や家族についても!

この記事は2分で読めます

こんにちは、さきちです^^

あっという間に1月も下旬になってしまいましたね。

年始の箱根駅伝、解説の本を買ったりして
楽しみながら応援したのが懐かしいです。

青学の優勝パレードも終わってしまい、
なんとなーく寂しい気持ちになっていたのですが、
今度はマラソンに注目をしてみたいと思います★

2月26日に東京マラソンが開催されるらしいです!
そこには、もともと箱根駅伝に出場した選手たちも
勢ぞろいするのだとか!

これは是非とも予習をして応援したいと思います^^

さて、今回注目するのは海外からの招待選手です。
ウィルソン・キプサング選手が、
世界記録を叩き出すのでは?と注目されています。

彼のこれまでの素晴らしい記録はもちろんですが、
家族や結婚などについても調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ウィルソン・キプサング選手

本名ウィルソン・キプサング・キプロティチ
(スワヒリ語: Wilson Kipsang Kiprotich

出身ケニア

年齢:1982年3月15日生まれ
2017年で35歳になる。

競技長距離走・マラソン


 
ケニアの選手なんですねー。

マラソンの選手って、比較的年齢層が幅広い印象です。

一般的に30代後半から40代くらいが
個人としてのベストタイムを出すことが多いようです。

ウィルソン・キプサング選手は今年で35歳ということですから、
ちょうどその年齢に差し掛かったところですね^^

今回の東京マラソンも盛り上げてくれそうですね★

スポンサードリンク

過去の成績や記録は?

さて、わたしは今回初めてウィルソン・キプサング選手のことを知りました。
かなり注目されているようなので、
過去の成績をざっくりまとめてみます。

もともと、トラック競技を中心に活動していたそうです。

しかし、「トラックではメシが食えないので、ロードレースへ転向した」とのこと。

2010年:フルマラソンデビュー(パリマラソン)

そして、同年のフランクフルトマラソンで初優勝。(2時間4分57秒)
 
フルマラソンって、誰にでもできるものじゃないですよね。
同じ陸上競技といえど、種目によってやること全然違いますからね。

転向するって言って、できちゃうなんて、
ほんとすごいです(・Д・)ノ

そんで、すぐに優勝しちゃうとか、
驚異的ですよね(・Д・)ノ
 
2011年には日本にも来ていたようですよ!

第66回びわ湖毎日マラソンで優勝
(2時間6分13秒=大会新記録

その後も次々と大会に出場しては優勝しまくっていたようです。

そりゃぁ、注目されますよね(・Д・)ノ

そして最近の記録だと…
 
2013年のベルリンマラソンでは、 世界新記録を樹立。(2時間3分23秒)

2016年のベルリンマラソンで、人類史上初めて2時間3分台で3度マラソンを走ったランナーとなる。(2時間3分13秒)
 
いや、ほんとすごい人じゃん!

結婚や家族について!

選手として素晴らしいことは十分わかりました^^
ちょっとプライベートなことも
情報ないかなー?と思って調べてみました★

しかし!詳しい情報を見つけることはできませんでしたm(_ _)m

どうやら奥さんと子供がいるようですが、
どんな方なのか、お子さんが何人いらっしゃるのか
子どもたちは陸上で活躍しているのか?
などなど、気になることは沢山あるのですが、
十分な情報はゲットできていませんm(_ _)m

また何か情報をゲットできましたら追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク


この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)