ゆうちょ銀行CMゆうちゃんと共演の女優2017は誰?曲名も!

この記事は3分で読めます

こんにちは、佐吉です^^

最近、新しいバイトを始めて、いつもよりワクワク&ドキドキしています〜

新しいことを始めるのって、なんだかこわいって思ってしまうのですが、わたしの周りにはポジティブな友人が多くて、そんな人たちの影響で、興味があったらやってみるっていうスタンスもいいなぁ〜と思って、思い切って初めて見ました。

まだまだ始めたばかりなので、よくわかりませんが、自分のスキルアップとなるといいな〜と思っています^^
 
さて、テレビを見ていて、気になったCMがありました〜!

ゆうちょ銀行のCMなんですけど、ゆうちゃんというゆうちょ銀行をイメージした人物と神社で語っている女性が誰なのか気になりました!

あと、CMで流れている曲も気になったので調べてみました〜!

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行CM「みんなの、ここに。」篇

わたしが気になったCMはコチラです↓↓↓


 
スーツを着た男性が「ゆうちゃん」と呼ばれていて、神社で女性とお話しをしていますね。

その「ゆうちゃん」は、女子会で「わかる〜!」と盛り上がったり、おばあちゃんが横断歩道を渡るのを手伝ったり、子供たちと仲良く遊んだり、、、かなり素敵な人ですよね^^

「壁をつくらない」「誰とでも話せる」と女性から褒められて(?)いますよね。

それに対して、ゆうちゃんは、「人は寂しい生き物だから。」とちょっと意味深な答え。

そして、「わかり合いたい生き物だから。」とも答えています。

そう言いながら、何語かわかりませんが、外国人たちの集まりに入って行きましたね。

なんのCMかと思いきや、ゆうちょ銀行のATMが16ヶ国語に対応しているということをお知らせするCMだったのですね!

いきなりストレートに商品をアピールするのではなくて、最後に、そういうことか!っていうパターンのCM、個人的には結構好きです。
 
ちなみにこのCMのロケ地の神社は、『大黒天鬼子母神堂』という神社らしいです。


 

 
結構、東京のど真ん中にある神社での撮影だったんですね!

かなり緑豊かな場所という印象でしたが、まさか東京だったとは(・Д・)ノ

ゆうちゃん&女性は誰?

さて、気になるのはゆうちゃんと女性を演じているのは誰なのか?ですね。

まず、ゆうちゃんですが、「本木雅弘」さんという俳優さんが演じておられます。

そして、ゆうちゃんとお話ししている女性は、「Kanoco」さんというモデルさんです。

どちらも他の人気商品のCMにも出演されている俳優&モデルさんですよ!

きっと見たことあるCMだと思うので、ご紹介したいと思います^^

本木雅弘&Kanocoの出演CM!

おそらく、本木さんについては、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

こちらの特茶のCMでは、「かっこいい!」と話題になっていました!


 
動画はコチラです↓↓↓
 

 
やっぱりかっこいいですねー!

ゆうちょのCMのスーツ姿も良かったですが、こちらの落ち着いた感じもいいですね。
黙々とゲームをやる姿、ボケーっと眺めていられます。笑
 
そして、次はKanocoさん。

モデルさんということですが、年齢は非公開で、あんまり情報がありませんm(_ _)m

身長は170cmで、けっこう背が高いですね〜

早いもので、6月なんですね。

kanocoさん(@kanococo)がシェアした投稿 –


 
あと、こちらのカントリーマアムのCMにも出演されています。

色白のお肌と黒髪ショート、そして赤いワンピースというスタイルは、印象的ですね。
 

 

CM曲のタイトルや歌手は?

さて、ゆうちょ銀行のCMに話しは戻りますが、音楽も気になりませんか?

CMの端っこに「シャムキャッツ」という文字が表示されているのを発見しました!

それを頼りに検索をしてみると、曲名もわかりましたよ〜

シャムキャッツさんの『Four O’clock Flower』という新曲とのこと。

もう一度、音楽に注目してCMを見てみましょう。
 


 
ゆったりとした曲で、CMの神社の雰囲気とも合ってますね^^

このシャムキャッツさん、9月から10月にかけてツアーもやるそうなので、そちらも要チェックですね!
 


 
イケメン&美女が登場するゆうちょのCM、
正体は、本木雅弘さんとKanocoさんでしたね。

そして、曲はシャムキャッツさんの『Four O’clock Flower』でしたね♪

このゆうちゃんシリーズ、いくつかCMの種類があるようなので、今後も楽しみですね!

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)