ふくちゃんの足あと♪

関心がある記事を気ままに書いています♪800記事近くになりました(^ ^)是非ご覧ください♪

お出掛け お買い物 カラダ・ココロ ライブ 生活

夏フェス・野外ライブを快適に楽しむにはどんな服装がいい?持ち物は?ディズニーやUSJにも応用!

こんにちは。

梅雨本番ですが、梅雨の先にある夏のご予定はお決まりですか?

夏といえば夏フェス野外ライブディズニーUSJなどのテーマパーク!楽しいレジャーがたくさんありますね。

ただ、夏のレジャーって服装や持ち物を間違えてしまうと想像以上に体力を使います。フェスなどの場合は、まわりに迷惑をかけてしまうことも…。

自分もまわりも快適に思いっきり楽しむために、できる対策や工夫はやっておきたいですよね。

本日は、子どもの頃からディズニーやライブに通い続けてたくさん失敗をしてきた経験に基づき、私が気をつけている服装や持ち物のポイントについてご紹介いたします!

よかったらご参考にどうぞ( ´ ▽ ` )

身体にフィットするコンパクトなバッグ

個人的にいちばん大切だと思うのがバッグ(リュック、ボディバッグ含む)です。

荷物が大きかったり重かったりすると、それだけでどんどん身体は疲れます。

さらに人混みで大きな荷物を持っているのは色々な意味で危険!

まわりの人にぶつけて痛い思いをさせてしまうかもしれないし、後ろ背負いのリュックはスリのおそれもあります。

そこでおすすめしたいのが、身体にフィットさせてななめがけできるボディバッグ。

たとえばこんな感じのもの!

ぎゅうぎゅうのライブでは身体にぴったり斜めがけ、余裕がありそうならウエストポーチとして。

ストラップの長さ調節で使い方を変えられます。

ちなみに、写真のものはKiuというレイングッズメーカーのもので撥水加工もバッチリ。

お水を撒くような野外フェスやテーマパークの水流くだりアトラクションなど、水に濡れても安心ですよ♪

この形のものだと小さいサイズのペットボトルが入る可能性が高いので、水分補給が心配な方も安心です(^-^)

ほかには、こういうタイプもいいと思います。

小さめのポシェットです!

ステージの転換待ちやフードコーナーに並ぶとき等はストラップを長めにして身体への負担を減らし、ライブ中は短く調整して身体にフィットさせる。

こういう使い方をすれば、肩や腰への負担を最低限にしつつ身軽に遊べます!

ボディバッグに比べて身体とバッグが触れる面積が少ないので、汗で蒸れるリスクも少し低くなるかな〜と思います。

ペットボトルは入らないと思うので、別途ペットボトルホルダー等を用意してくださいね!

動きやすくて乾きやすい服装

さて、お次は服装です。

フェスやテーマパークではしゃがんだり地べた(芝生など…)に座ったりと「膝を曲げて腰を落とす」動作が多いので、下半身の動きやすさがひとつポイントかと思います。

また、個人的なマイルールなのですが、ライブやテーマパークでは絶対に乾きやすい素材の服を着ると決めています!

汗をかいたり水で濡れたりしたとき、そのままお肌に生地が張り付くのがすごく苦手で…。でも速乾素材なら心配無用!

野外フェス、野外ライブで本格的に汗だくorびしょ濡れになりそうなときは、動きやすさと乾きやすさが両方叶うスポーツウェアがおすすめです。

こんなのとか…

こんなのとか…!!

写真ではハーフパンツに素足&サンダルですが、ライブではぜひスポーツ用レギンスやスニーカーを合わせてくださいね(^-^)

スポーツウェアを使う場合は男性も同じ要領でOKです!

男女問わず派手派手アゲアゲで快適に動きまわれるスポーツウェア、おすすめですよ♪

スポーツウェアはちょっとな〜、という女子におすすめなのはサロペット

ひとり参戦のときなど、気合い入りまくりの服装はちょっと恥ずかしいな〜というときは私は大抵サロペットです。

ライブTシャツや綿素材のタンクトップなどに裏地が付いていない(ポイント!)さらりとした素材のサロペットを合わせましょう♪

こういう薄手の生地のものがいいと思います。写真のようにヒールを合わせれば普段使いもできますね♪

なぜサロペットがいいかというと、(個人的な考えですが…)両手を挙げて騒いでもその場にしゃがんでも背中やお尻が出ないから!

普通にTシャツ&デニム、とかだと、ふとした拍子に背中やお尻がチラリしちゃうことが結構あるんですよね〜。

でもサロペットなら安心。身体のラインも出すぎないので体型カバーもできます♪

写真のような形のものならお手洗いも楽チンなので、なにかと過ごしやすいと思いますよ(^-^)

陽射し&雨対策

大切なことはまだまだあります。

夏の屋外で長く過ごす場合、陽射し対策と雨対策がとても重要です。

コンパクトにたためるレインコートをバッグに忍ばせておくのは基本だとして…意外に便利なのがレインハットです!

晴れているときは陽射しから、雨が降っても雨から守ってくれます。

こういう、つばありで紐付きのハットタイプがいいですよ!

蛍光色のものなどもたくさんあるので、お友達と色違いでかぶったりすればテンションが上がって楽しめそうですね♪

スニーカー(撥水&靴紐対策!)

まだまだありますよ!

意外に忘れがちなポイント、それが

「スニーカーを履けばいいんだよね?」と思ってはいませんでしょうか?

もちろんスニーカー、正解です。ただし何でもいいわけではありません。

軽量撥水加工靴紐がほどけないもの

この3点は譲れません!

靴が重たいとそれだけで疲れますし、足首を捻るリスクもあります。

水が滲みやすい生地の靴だと、雨や水撒きで不快な状態になりがちです。

そして靴紐!これは一番重要だと思います。

ライブ中、テーマパークの人混み…そんな中で靴紐が解けると、自分が転んでしまうだけでなく、靴紐を結ぶためにしゃがんだことでまわりの人が躓く可能性もあります。

そういった危険を最大限取り除いて、かつ可愛く快適に楽しむためにはこんな靴がいいと思います。

これ、見た瞬間に一目惚れでした。可愛いですよね(^-^)

靴紐がなければ解ける心配はありませんし、撥水加工ばっちりのスニーカーです!

自分に合うものが見つかるとすごーく快適ですよ〜♪

便利グッズ

最後に、バッグやポケットに忍ばせておくと便利な持ち物をご紹介します。

それはウエットティッシュ虫除け効果アリの汗拭きシート

まずはウエットティッシュから。

フェスやライブって、謎の熱気で手がベタベタするんです。そのベタベタが地味に気持ち悪い。そんなときにウエットティッシュが大活躍!

100円ショップで売っているミニサイズのものが便利だと思うのですが、ポケットに入れておくだけで気になるときにサッと手を拭けていいですよ!

フードやドリンクも手を洗えないまま召し上がることが多いと思いますので、お食事時にも使えます。

テーマパークのアトラクションで手すりを掴んで、「なんだか手が鉄くさい…」というときもすぐリフレッシュできるのでおすすめです。

お次は虫除け効果アリの汗拭きシート!

夏の野外でお過ごしの際、これがあるのとないのとでは天と地の差ですよ〜。

アロマで虫除けするタイプが多いですが、敏感肌さんやお子さまにはこんなものも。

汗を拭いてサッパリしつつ虫除けもできるので、レジャー当日も楽しめるし帰宅してから虫刺されの痒みでガッカリ…なんてことも防げます。

特別重たいものでもないので、夏の野外レジャーにはぜひ虫除けシートをご持参ください♪

以上が私が個人的に気をつけているポイントです。

基本的に皆さんに共通するかな、と思うところをご紹介しましたが、体調や体質、お子さま連れかどうか…等、それぞれ重要なポイントは異なると思います。

たとえば、カチカチにならない冷却パックミニ扇子ポータブル扇風機など、あるといいなと思うグッズが他にもたくさんあります!

ぜひ、ご自身に合った装備を探してみてくださいね(^-^)♪

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました〜!!

-お出掛け, お買い物, カラダ・ココロ, ライブ, 生活
-