ふくちゃんの足あと♪

関心がある記事を気ままに書いています♪800記事近くになりました(^ ^)是非ご覧ください♪

お金

株で投資をして優待をもらおう!タダでとれる?どんな銘柄がおススメ?

2019/06/01

はいどーも。

株式投資が趣味のふくちゃんです。

今回、ご紹介させていただくのは、株の優待をいかにお得にとるかという話です。

まず、株を全く買ったことないよ、下がったりして、投資は怖いものじゃないの?

って人いるかもしれませんが、そんなことありません!!

むしろ、お得な今のうちに初めて株を買ってみたいたと考えている方向けだと思ってください。

是非覚えていただいた方が良いと思っています。

株主優待とは!?

では、そもそも株主優待とは何?って話ですが、簡単に言えば、

企業が、株主に対して、「株主になってくれてありがとう。お礼として、優待品を送ります。これからも引き続き応援してね。」

といった意味のもので、これは企業の経営方針等により変わります。

ずっと優待品がある企業もあれば、ない企業もたくさんあります。

普段、使う商品や、この会社の優待はどうかなって調べるときは、インターネットで簡単に検索出来ます

私はSBIを使っているので、例えばこちらの

J オイルミルズのオリーブオイルなんかは好きですね。

私は昔からオリーブオイルが好きで、よくパンに塗って食べたり、牛乳に混ぜて飲んだりしています。

もこみちに憧れてオリーブオイルにはまったわけではありません笑

しかし、カッコいいですねこの写真。

バックの東京駅が映えます!

さて、株主優待をもらうためにはどんな条件があるかを見ていきましょう!

株主優待をもらうための必要知識

まず、Jオイルミルズの例から、

優待内容の欄をみると、3000円相当の自社製品、100株以上と書いてありますよね?

これは、書いてある通り、100株を持っていれば、株主であるあなたに3000円相当の優待品をあげますよって意味です。

画像の株価で、単純に考えれば、

株価3985円×100株=398500円

で株を買って、3000円分優待もらえるということです。

権利付最終日の欄をみると、2019年3月26日と記載されています。

これが重要で、この日に株を保有していなければ、優待品はもらえません!

つまり、3月26日時点で株主であれば、優待をもらえるよって意味です。

しかし、ここで考えると、株価変動のリスクがあることに気づきます。

株主優待のみを狙って、3月26日に買って、27日に売ろうとしても、27日に株が下がるかもしれません。

そうすると、優待をもらうどころか、優待品を金額換算した場合よりも損をするケースが考えられます。

リスク回避するためには??

ここからは、若干慣れていない方はわかりにくいかもしれませんが、覚えておいた方が良いと思います。

まず、株式投資では、買うというイメージが強いと思いますが、株価が下がると考える投資家もいるので、その場合は株を売るという行動に出ます。

株を売る場合、すでに保有しているものを売る場合は、シンプルに、売却という形になりますが、株価の下落を考える人は、株価が下がれば下がった分だけ儲かる取引をしようと考えるわけです。

保有していない株を売りたいと考える場合は、空売りをします!

からうり=空売り

改めて、株主優待は権利付き最終日に企業の株を保有していることが条件になります。

しかし、26日から27日に日を跨ぐことによる、権利落ち日の株価変動のリスクがあります。

今回、ご紹介させていただくのは、この空売りと、株式投資を組み合わせて同時に行うことで、株価の変動リスクを排除して、優待をもらおうって取引です。

もちろん、ややこしい方は空売りなんかしなくても、3月26日に株を買えば優待もらえます。

初めて、この画面をみる人は、

???なにこれと思われるかもしれません。

信用取引と言われる取引で、信用口座とはレバレッジをかけたり、空売りをしたりするときに使います。

SBIだと30万円から出来ます。

この、信用新規の売りで、株を売ることを空売りといいます。

個人で、空売りを出来ない銘柄もありますので注意が必要です。

また、今回やりたい取引の名前はつなぎ売りと呼ばれます。

今回の例でいけば、3月26日に、Jオイルミルズの株を100株、買って、同時に、空売りもするという取引を行います。

それにより、27日以降の株価変動リスクを避けられます。

ちなみにですが100パーセント変動リスクを避けられるわけではないのでご注意を!!

ストップ安や、ストップ高などになると決済出来ないケースもありますので。

では、次に優待を目的としたつなぎ売りのリスクについてご説明致します。

つなぎ売りのリスクとは!?

改めてですが、まず、そもそも何故こんなめんどくさいことをするのかですが、

Jオイルミルズの優待をもらって、オリーブオイルマスターに俺はなる!!

…………

ではないですね笑 はい。すみません。

余談ですが、もこズキッチン復活期待してい

ます!!笑

さて、優待が充実している銘柄ほど、権利落ち日(3月27日)には、

優待目的で保有していた銘柄は売られやすくなる傾向があるからです。

私が知っている銘柄は優待だけが唯一の保有目的でしたが、それは同じように考える人が多いので、権利落ち日には-10%等もありました(笑)

なので、株価の変動リスクを抑えることが出来るというのは非常に大きなことです。

100万投資をしたのに90万になってしまって、優待3000円もらいましたって、いったら、いやいや、普通に損してるよ君!

ってなりますよね。

さて、空売りをする場合には、まず、コストが発生する、逆日歩がかかる(こちらは空売り特有の用語でぎゃくひぶという)

等があります。要はコストが少しかかるよという認識で良いです。

もちろん、逆日歩はけっこう複雑で、貸借を確認しないと、めちゃくちゃ逆日歩高かったー!や、

流動性の低い銘柄ほど逆日歩がかなり高額になり、危険だったりするので、よく銘柄ごとに見る必要はありますが、

優待のつなぎ売りの場合は基本的に最終権利日に、空売りをしてから次の日に決済をする形になるので、

それほど、気にしなくて良いかと思います。

取引フローは??

さて、次に取引フローとしてはですが、

26日に現物で株を100株買って、同時に信用新規売りで100株空売りをします。

そうすると、同じ価格で、買ったポジションと、売ったポジションが出来ます。

次は、

27日に現物の株を100株売却、信用返済買い注文を100株行います。

これで価格変動リスクなく、手数料の負担のみで、優待が受け取れます!!

と、これだけです!!

全部スマホで、上の画像で、

現物買い、現物売り、信用新規売り、信用返済買い。全部市場が始まる前なら、成り行きでオーケーです。

をやれば良いだけです。

ここで、注意点は??

①信用口座を作る必要があります。

②貸借銘柄でなくてはならない(扱う証券会社によっては、ハイ空等もありますので、必ずしもではありません)

③株主優待の条件に保有期間の設定があるものもある。

④コストの方が、優待よりも高い場合がある。

⑤配当金等も信用新規売りのコストに入る。

くらいですね♪

ここらへんは、すみませんが、大分長く書きましたが、慣れも必要です(笑)

ただ、慣れてくれば、私の知り合いの投資家さんは、

100銘柄くらい優待だけもらっていました!!(笑)

やり方によっては、手間はかかりますが、コスト負担のみで、かなりの優待品を受け取れることになるので、とても良いと思います!

是非、一度やってみてはいかがでしょうか??

私はよさそうな銘柄なら、空売りせずに安くなったら買って、そのまま放置することもあるし、優待だけ欲しいときは、つなぎ売りしたりします♪

オススメ優待は??

私のおすすめ優待はたくさんありますが、

Jオイルミルズ、伊藤園、味の素、オリエンタルランド、伊勢丹、他、、、、、、。って感じです(笑)

たくさんありすぎるので、ご興味ある方は調べてみてください。

ちなみに、会社の業績が悪いと当然ですが、

優待を廃止したりする会社もあるので、tateruとか。

併せて確認した方が良いですよー。

-お金