水溜りボンド×世にもコラボ動画の伏線やサムネの意味は?女優も調査!

この記事は9分で読めます

YouTuberの「水溜りボンド」と、

テレビ番組の「世にも奇妙な物語」

がコラボした特別な動画が公開されましたね!

 

この動画です。

 

 

まず、サムネとタイトルで驚きますよね(・Д・)ノ

 

アルパカ&ひよこ
えっ?水溜りボンドが、こんなピンク色の恋愛ドラマ???っ

て(・Д・)ノ

 

しかし、この短い動画の中には たくさんの伏線が張り巡らされているんです。

 

私が気がついたもの、またはツイッターや動画のコメント欄などから回収したものをまとめてみました!

 

ネタバレ注意です!

スポンサーリンク

サムネの「引くのは愛情の裏返し」の意味は?

冒頭にも書きましたが、
まずは動画のサムネとタイトルに驚きますよね。

 

ピンク色のポップな背景に

「キラキラ純愛ラブストーリー」

というタイトルなんて(・Д・)ノ

 

しかも、トミーさんのこのツイートも意味深!!!

 

 

さっそく、解明していきたいと思います!

 

まず、タイトルの意味から。

動画タイトルの「キラキラ純愛ラブストーリー」は、

この動画自体のタイトルではあるのですが、

この動画の中のドラマのタイトルでもあります。

 

ドラマの撮影と、現実の生活が、
交差する動画となっております(・Д・)ノ

 

そして、トミーさんのツイートでも気になる発言があった、

「引くのは愛情の裏返し」というサムネの文字の意味!

 

アルパカ&ひよこ
私もプレミア公開を待っている間、この日本語の違和感は何だろう?と考えていましたが、あらゆるところに伏線をちりばめてくれているトミーさんに感謝です☆

 

こちらは、ツイッターで、かなりトミーさんがサービスで情報をくれていました。

 

 

 

引く → アングル

裏返し → 反対側から見る

 

ってことですね。

 

ドラマの終盤を見ると、
この言葉の意味がよくわかります。

 

あと、ふたりが人差し指を口の前で立てているポーズをしていますね。

 

このポーズにも、ちゃんと意味があるんです。

 

このポーズについては、このあとの記事で解説いたします!

スポンサードリンク

冒頭:花屋のシーンの伏線

 

ついに動画が始まった〜!

 

…と思ったら、いきなりトミーさんがスーツ姿で登場!!!

 

いや、カッコ良いー!

そして、お花屋さんでバラの花束買うなんて、

どんだけラブコメなのよ!!!

 

な〜んて、ニヤニヤ見ていたのですが、
このシーンにもいろいろな伏線が。

 

まず、トミーさんがきているスーツ。

花束も購入するので、

「プロポーズでもするのかな?」

と思ってしまうようなシーンなのですが、

実はこのスーツ、喪服なんです。

 

 

アルパカ&ひよこ
ちゃんと見ると、
ネクタイ黒いですよね。

 

なぜ喪服なのかは、
この動画の最後の最後で、

トミーさんが彼女の家に
包丁持って乗り込むシーンを見たら、
意味がわかりますよね。

 

あ〜怖い。

 

あと、花屋で購入するお花のチョイス。

 

赤いバラ+白いかすみ草

の花言葉は、

「永遠の愛」

…だそうです。

 

彼女との特別な日にぴったりな花言葉・・・

と言いたいところですが、

ラストシーンを知ってから見ると、

結構こわいですよね。

 

あと、もう一つ言われている説は、

トミーさんの相方であるカンタさんの誕生日が4月4日なのですが、

4月4日の誕生花が「かすみ草」なんですって。

 

それはそれで、
コンビ愛を感じるチョイスですよね^^

 

花屋で口にする

「特別な日」

という言葉が、

 

初見では

プロポーズ?
記念日?

と思えるのですが、

一度、最後まで見ると、
それこそ「愛の裏返し」の言葉に聞こえます。

 

こわいこわい。

 

序盤:彼女とのやりとりの伏線

お花屋さんで大きな花束を購入したあとで、

シーンは、彼女のお家に切り替わります。

 

いきなり彼女との仲良しシーンかよ(><)

 

見ている方が恥ずかしいわ!

 

って、思いますよね。

 

でも、

「気づかなかった…まつげ長いんだ〜」

という、

こちらがニヤニヤしてしまうようなセリフは、

トミーさんから彼女へのメッセージではなく、

トミーさん(俳優:逢坂良一)が、

ドラマ「キラキラ純愛ラブストーリー」

セリフを練習しているってシーンなんです。

 

よく見ると、彼女は台本に目を向け、
パラパラとページをめくっている様子が伝わってきます。

 

あと、
このニヤけちゃうセリフが終わったあと、

彼女が人差し指を口元で立てて

「もう一回言って」

と、トミーさんに言います。

 

この仕草、ちょっと不自然だなって思いませんか?

 

実は、彼女が人差し指を口元で立てているのは、

 

 

 

ベランダに隠れている

浮気相手のカンタさん(工藤裕也)

へのメッセージだったんです。

 

「今は静かにしていてね。」

というような意味で、

口元で人差し指を立てています。

 

 

 

アルパカ&ひよこ

彼氏にトミーさん、

浮気相手にカンタさん、

…どんだけ贅沢な状況w

 

 

買い物シーンの伏線

彼女との甘く見えるシーンのあと、
再びスーツ姿のトミーさんに切り替わります。

 

先ほどのバラの花束を購入したあとの話ですね。

 

なにやらお店でサプライズプレゼントを購入しているようですね。

 

初見では、

指輪?
アクセサリー?

って思って見ていました。

 

トミーさん「輝きが違いますもんね〜」

 

なーんてセリフも、
キラキラしたものを選んでいるんだなぁ〜
連想させますしね。

 

(タイトルのキラキラは、ここに関係するのか?
いや、それは深読みしすぎか。)

 

しかし、
実際に購入しているのは、
鋭い刃物(大きめの包丁)です。

 

このことは、動画の終盤に明らかになります。

中盤:女優とのやりとりの伏線

「これにします!」と、
お買い物を終えたトミーさんから、
またシーンが切り替わります。

 

紫色の衣装で、
ちょっとヤンキー風の雰囲気。

 

先ほどの彼女とは、
違う女性に、冒頭のセリフを言っています。

 

初見では、

・・・は?
トミー、女たらし役なのか???
と思ってしまいましたが、
これも違いました。

 

これがタイトルにもなっている
「キラキラ純愛ラブストーリー」
というドラマの撮影風景です。

 

トミーさんは、人気俳優で、このドラマに出演している。

そして、冒頭の彼女に言っていたセリフは、

このドラマのための練習だった。

ということもわかります。

 

女優さんが「早く出て行ってよ!」と言って、
トミーさんにクッションを投げつけます。

 

そのクッションが画面外に飛んでいくのですが、
実は、そのクッションをAD役のキイチさんが
キャッチしている
という
細かい演出も後半で明らかになります。

 

一旦、このシーンにカットがかかって、
ディレクターさんとモニターを覗き込むと、

違うテイクで撮った映像が写り、
それが彼女の家のテレビに映し出されていきます。

 

ちなみに、
このモニターをチェックするシーンでは、
キイチさんも後ろに写り込んでいるので、
よく見てみてくださいね^^

 

いつものバッグのおかげで、
すぐに発見できると思います。

花束を持って女子高生とすれ違うシーンの伏線

ドラマの撮影風景の間に、
スーツ姿のトミーさんが、
おおきな花束を持って歩いていて、

すれ違った2人の女子高生が、
キャー!というような声をあげています。

 

はじめは、

・トミーさん(俳優:逢坂良一)とすれ違った!

・今からいかにもプロポーズしそうな格好で歩いている

という要素でキャー♡と言っているのかと思いました。

 

しかし、

これも終盤のシーンで明らかになるのですが、

実は、花束と一緒に、
おおきな包丁も持っているんですよ。

 

これを見て、JK達は
恐怖のキャー!と言っていたのです。

 

(よく、警察に捕まらずに歩けたなぁ〜とも思いますが。笑)

 

このシーンのキラキラ感とトミーさんの笑顔が、
初見では幸せそうに見えるのですが、

笑いながら包丁を持って歩いている
しかも、花束と共に・・・

と考えると、恐怖しかありませんね。

スポンサードリンク

後半:彼女がカンタと浮気シーンの伏線

ドラマの撮影シーンから、
モニター→テレビ画面
という形で、

場所が彼女の家に戻ってきます。

 

そして、

彼女の隣には、
カンタさん(工藤裕也)の姿が…!

 

ここで登場〜〜〜〜〜!

 

正直、もっと彼女役の人と
仲よさげにするシーンがあったら
とても嬉しかったのですが、

これは恋愛映画ではなく、
世にも奇妙な物語でしたね。笑

 

ドラマを見ていると、
彼氏であるトミーさん(りょうくん:逢坂良一)から電話がかかってきます。

 

このシーンで再び、
彼女はカンタさんに
人差し指を立てる仕草をします。

 

これで、最初のシーンの仕草の伏線が回収されます。

 

この仕草は、彼女とカンタさん(工藤裕也)の合図みたいなものなんですね。

 

「トミーには内緒だよ」みたいな。

 

そして、
彼女とトミーさんの電話の後、

カンタさんが、
トミーさんの台本を見ながら

「気づかなかった…」

というセリフをリピートします。

 

そして、彼女も。

 

このシーンでは、

オレたちの関係、トミーにバレてないぜ。

って感じの雰囲気ですよね。

 

でも、実際には、すでにバレています。

 

電話を切った後に、
トミーさんがスマホを見つめるシーンがあります。

 

このスマホ画面には、
彼女とトミーさんの微笑ましい写真ではなく、

彼女とカンタさんの浮気現場の写真が写っているんです。

 

アルパカ&ひよこ
さて、いよいよ修羅場ですね。。。

 

彼女とカンタさんがいる家に、
いよいよトミーが鉢合わせしちゃいます。

 

初見では、

プロポーズするつもりだったのに、
浮気相手が部屋にいるなんて
最悪な修羅場になってしまう〜

と思いました。

 

しかし、

実際にはトミーさんは、

彼女が普段からカンタさんと浮気していること、

今この時も、気を抜いてカンタさんと過ごしていること、

家にキーチェーンのロックをかけていることもわかっていました。

 

さて、ここから一気に見どころ満載です。

 

終盤:アングル違いの伏線

彼女とカンタさんが、
何にも知らない(と思っている)トミーさんのことを
バカにして笑っているシーンから、

一気に「世にも奇妙な物語」の音楽と共に、
これまでのシーンのアングル違いの映像が流れます。

 

・台本を持っている彼女
・「静かに」という仕草の視線の先に浮気相手のカンタさん
・クッションをダイビングキャッチするADキイチさん

 

という、特典映像のようなシーンを挟みつつ、

トミーさんがドアのチェーンロックも突破して、
大きな包丁を持って部屋に突入します。

 

かなり怖いシーンですよね。

 

トミーさんが、
彼女とカンタさんの関係に気がついていて、
殺す計画だったんだ〜

ということがようやくわかります。

 

きているスーツが、
喪服の意味も、
ここでやっとわかります。

 

・花束と一緒に、キーチェーンを切断する「バチン」を持っていた

・指輪を選んでいるかと思ったお店は、包丁のお店

・すれ違った女子高生が叫んだのは、トミーが凶器を持って歩いていたから

・トミーさんが見つめるスマボ画面には、彼女とカンタさんの浮気写真

 

アルパカ&ひよこ
いや〜、
1回見ただけじゃ、
気がつかないことがたくさん!

(ドラマのセリフ、ここにも掛かっているんですね。)

 

最後の「特別な日だから、サプライズプレゼント」

って、音声も怖い〜(涙)

 

結局、彼女とカンタさん、
両方ともやられてしまったのでしょうか?

 

それともカンタさんだけ?

 

続きの展開が気になります。。。

エンドロールの伏線

いろいろと情報の生理が追いつかないまま、
エンドロールへの進んでいきます。

 

初めて見たときに思ったのは、

「へぇ〜、みんな、ちゃんと役名があるんだ〜」

ってこと。

 

主演のトミーさんは、

名前が呼ばれるシーンとか、

スマホ画面に名前が表示されるシーンがあったので、

「逢坂良一」って役名があって当然なのですが、

 

カンタさんの役って、
別に名前なくても問題ないですよね。

 

でも、フルネームで「工藤裕也」って役名が、
エンドロールに書かれていました。

 

どうして、わざわざ役名があると思いますか???

 

もしよければ、
おふたりの役名を
水溜りボンドと世にも奇妙な物語がコラボした
このサイトで検索してみてください^^

>>https://www.fujitv.co.jp/kimyo/shinda/#/

 

めっちゃ嬉しいサプライズが待っていますよ(・ω・)ノ

 

いろんな遊びを散りばめてくださる水溜りボンドのお二人

(特に企画してくれているトミーさん)

には、感謝しまくりです!!!

 

彼女役・女優役の女性も調査!

この動画には、彼女役・女優役で2人のキレイな女性が登場していますね。

 

女性YouTuberではなく、ちゃんと(?)女優さんが出演しています。

 

彼女(山原楓)役
佐野ひなこ

 

女優(篠原郁美)役
佐藤玲

 

夏のドラマ企画の時もそうでしたが、
普段YouTubeには登場しないような
テレビの芸能人の方たちが、
特別に出演している動画も結構ありますよね。

 

水溜りボンドさんのスケールのでかさ、
トミーさんの人を動かすチカラ、
視聴者へのサービス精神が
ひしひしと伝わってくる作品でした。

 

長々と書きましたが、
最後までお読みいただき、
ありがとうございました!



この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)