年賀状2019返信はいつまで投函できる?消印が押されるのはいつから?

お正月にたくさん年賀状が届くと、

あ、この人に出していなかった!

なんてこともありますよね。

年賀状は一般的にいつまでに返信すれば良いのでしょうか?

そして、いつから一般のはがきとして配達されてしまうのでしょうか?

年始早々、お相手に失礼のないようにチェックしておきましょう。

////////////////////////// // //////////////////////////

年賀状2019年の返信はいつまで?

年賀状は、門松を飾る「松の内」の期間に送るものとされています。

「松の内」は、一般的には 1月7日まで。

地域によっては、10日・15日などの違いもありますが、
年賀状を送る期間としては、
年始最初の1週間以内が失礼のない期間と言えます。

////////////////////////// // //////////////////////////

消印が押されるのはいつから?

年賀はがき(切手を貼るタイプの私製葉書を除く)には、消印が押されずに配達されます。

いつ差し出して、いつ受付されたというのがわからないので、年明けの返信のときには、ありがたいシステムですよね。

消印が押されるようになるのは
1月8日差し出しからです。

先述した「松の内」の期間と合わせても、
やはり年賀状の返信は1月7日までには
投函するのが良いでしょう。

ポストの年賀状用投函口も
8日にはなくなってしまいますのでご注意を。

////////////////////////// // //////////////////////////

寒中見舞いを送るタイミングは?

1月7日までに年賀状を送ることができなかった場合には、
「年賀状」ではなく「寒中見舞い」を送るのもアリです。

年賀状を送りそびれてしまった場合や、
喪中で年賀状を送ることができなかった場合に
送ることができるのが「寒中見舞い」です。

寒中見舞いを送る期間は、
1月8日から2月4日まで。

できるだけ、1月末までには仕上げて発送することをオススメします。
[ad#]

寒中見舞いの送り方は?

寒中見舞いは、年賀状とは別ものです。

「あけましておめでとうございます」などと書かれている年賀はがきをそのまま使うのではなく、

「寒中お見舞い申し上げます」と書かれているハガキが郵便局やコンビニでも販売されていますので、そちらを使用してくださいね。

>>寒中見舞いのデザイン例

まとめ

年賀状の返信をするのは、原則1月7日まで。

1月8日以降に返信するのなら「寒中見舞い」を。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る