ディクソン・チュンバの国籍や年齢は?結婚や家族についても!

この記事は3分で読めます

こんにちは、さきちです^^

今日はご近所さんとちょっとした交流がありました。
すごく優しくて良い方なのですが、
外国のかたなので、いつも英語にドキドキしつつお話をします。

でも、向こうもそれを察して日本語を頑張って使ってくれたり、
わかりやすい英語を使ってくれたりするので、ありがたいです。
無事に用件が済んで一安心です( ´ ▽ ` )ノ

さて、 東京マラソンが2月に開催されますね!

箱根駅伝をきっかけに、
駅伝とかマラソンに興味を持ち始めたのですが、
今までの歴史を全く知らないので、

今回は、大会記録保持者である
ディクソン・チュンバ選手について調べてみました^^

スポンサーリンク

ディクソン・チュンバ選手

2018年2月25日に開催される東京マラソンですが、海外から選手を多数招いているそうです。

今回注目されているのはウィルソン・キプサング選手というこちらも海外の選手のようですが、
>>ウィルソン・キプサング選手についてはコチラ

大会の記録保持者であるディクソン・チュンバ選手も注目しておいたほうがいいかな?と思って調べてみました。

名前Dickson Kiptolo Chumba

年齢1986年10月27日
→2018年で32歳になる

身長170㎝

出身ケニア


 

2014年の東京マラソンで、大会新記録を樹立したんですね!
さらなる更新はあるんでしょうか???

スポンサードリンク

東京マラソン2018で優勝★

ディクソン・チュンバ選手は、過去2014年の東京マラソンで優勝をしたことがあります。

それに加えて今回の 2018年の東京マラソンでも見事優勝を果たしました!


アルパカ
おめでとうございます★

タイムは 2時間5分30秒!

2位の設楽選手とは約40秒もの差をつけてゴールしています。

しかし、優勝したチュンバ選手よりも、日本人の記録を更新した2位の設楽選手についての報道が多く感じます。

これまでの成績や記録は?

さて、東京マラソンで2回も優勝したということは、
他の大会でも様々な記録を残されているのではないでしょうか?

ざっくりとディクソン・チュンバ選手の活躍をまとめてみました。

まず、驚きなのが、ディクソン選手はマラソンを始める前は、庭師として働いていたらしいです(・Д・)ノ

バリバリの陸上選手というより、素質があって成功した選手という感じなのでしょうか?

まずは 東京マラソンの成績

2014年02月23日 2:05:42(大会記録)優勝

2015年02月22日 2:06:34 3位

2016年02月28日 2:07:34

1年に1秒くらいタイムが落ちてる感じですね。
2017年はどうなんでしょうか???

あと、定期的に出場している大会だと、
シカゴマラソンがありますね。

2014年10月12日 2:04:32 3位

2015年10月11日 2:09:25 優勝

2016年10月09日 2:11:26 2位
 
どの大会も優勝したり上位に食い込んだりしていますね(・Д・)ノ

マラソンの選手としてベストタイムが出やすいのが一般的に30代後半から40代にかけて(※統計上))という話を聞いたことがあるので、ディクソン選手はこれからまだまだ記録を更新しそうですね^^

今後の活躍が楽しみです♪

結婚や家族は?

ディクソン選手のプライベートについてもっと知りたいなと思ったのですが、なかなか大会記録の情報しか見つかりませんm(_ _)m

東京マラソンで注目が集まれば、何か情報が出てくるかな?

なにか情報をゲットしたらこちらに追記していきたいと思います^^

最後までお読みいただきありがとうございました★

スポンサードリンク



この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 名無し
    • 2018年 2月25日

    ..>>マラソンの選手としてベストタイムが出やすいのが一般的に30代後半から40代にかけて

    というのは、陸上トラックの長距離選手が芽が出なかったりチカラが衰えて引退後に、マラソンに参加するというのが多いからですね。
    現役中からマラソンをやっている人の場合、当てはまらないのではないかと。
    例えば、リオオリンピックの金メダリストも長距離引退組の1人です。
    他のメダリストや上位選手もそういう感じです。だから、レースでガツガツした感じはあまりないですね。
    趣味で楽しんで走っている感じがして、好きです。

      • sakichi
      • 2018年 2月25日

      コメントいただきありがとうございます。

      >>陸上トラックの長距離選手が芽が出なかったりチカラが衰えて引退後に、マラソンに参加するというのが多いからですね。現役中からマラソンをやっている人の場合、当てはまらないのではないかと。

      そういうことだったんですね!2018年の東京マラソンでの活躍も素晴らしかったですね^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)