嫌われる勇気放送中止の理由は?アドラー心理学会抗議内容も!

この記事は3分で読めます

こんばんは、佐吉です^^

この週末は、地元の友人と旅行してきましたー★
昨年から計画をしていて、ずっと楽しみにしていたイベントです^^

大学時代の友人と集まって日光の奥の方の旅館に宿泊してきました。

まったりおしゃべりしたり綺麗な景色を見たり温泉に入ったり…
とにかく久々に会って一緒に時間を過ごせたことが何より嬉しかったです。

たまにはこんな週末でエネルギーチャージもいいですね!
明日からまた現実だ!
気持ちうまく切り替えなくてはー(・Д・)ノ
 
ところで!
ネットできになるニュースを発見しました!

香里奈さん主演のドラマ『嫌われる勇気』放送中止の危機らしいです!

えええ?
ドラマが中止っていったい何事???
と思って、調べてみましたー!

////////////////////////// // //////////////////////////

ドラマは打ち切り疑惑の理由とは?

アドラー心理学についてわかりやすく書かれた
『嫌われる勇気』という本が2年くらい前に
大ヒットしましたよね( ´ ▽ ` )ノ

これがドラマとして現在放送されています。

毎週木曜日の22時から
フジテレビで放送していますね。
 


 
大ヒットした本のタイトルそのままですが、
ドラマの内容はかなりアレンジされています。

わたしも『嫌われる勇気』の本を読んで
おお〜!って勇気をもらった一人なので
このタイトルを新ドラマの番宣で発見した時は
みたいなぁ〜!と素直に思って、見始めました。

個人的にはドラマだとどんな感じなのかな?
って見始めて、あー、本に出てきた言葉だなぁ〜
なんて単純に楽しんでドラマを見ていますが、

このドラマでも本でも重要なテーマである
『アドラー心理学』の伝え方について
日本アドラー心理学会がフジテレビに
抗議をしていることが明らかになりました!

ドラマの打ち切りもしくは脚本の大幅変更を求めてそうです。

これは大変な事ですよね!

いったい何があったんでしょうか???
[ad#] ////////////////////////// // //////////////////////////

日本アドラー心理学会の講義内容

日本アドラー心理学会からの抗議内容を一部抜粋しました。

貴番組のアドラー心理学理解は日本及び世界のアドラー心理学における一般的な理解とはかなり異なっているように思えます。そのような一般的でない見解を、テレビのような公共的な場で、あたかもそれがアドラー心理学そのものであるかのように普及宣伝されるのは、日本のアドラー心理学の啓発・普及に対して大きな妨げになると考え、本学会としては困惑しております。

>>全文が気になるはコチラをご確認ください^^
 
ほぉ〜(・Д・)ノ

ドラマの中でも 『アドラー心理学』という言葉や
『嫌われる勇気』の本の中に出てきた言葉が
たくさん登場しますが、元々の意味とは違う意味で
伝えられているという事でしょうか。

このドラマが作成されるにあたって、
この心理学会との打ち合わせというか
確認のようなものはなかったんですかねぇ?

放送されて、見てみてびっくりという状況なのでしょうか?

ドラマの中の考え方には 『他者の利害』という見方が完全に欠落している気がします。それではアドラー心理学とは言えません

 
なんだかとっても重要な部分について
理解が食い違っているのか、
表現方法について理解が得られないのか…

素人には判断がつきませんが、
心理学会さんはかなりガッカリされているのかな?

////////////////////////// // //////////////////////////

ドラマは放送中止???

『嫌われる勇気』の本が大ヒットして
一躍有名になった『アドラー』の教えが
今度はドラマという形で発信される!
とアドラー心理学会さんは
楽しみにしていたのだと思いますが、

アドラー心理学会さんが大切にしている、
本来のアドラーの教えの意味と
ドラマを制作する人たちの理解が一致していなかったようですね。

ドラマを制作する人たちも、もちろん悪意を持って
アドラーの教えを間違った形で伝えようとは
思っていないハズですよね。

多くの人に伝えたいことだから、
ドラマという形でも表現しようと取り組んでいるハズです。

ですから、今回指摘のあった内容については
配慮した上でお話を進めていっていただけたらと思います。

ネットでも、ドラマの放送中止はやめてほしいという声が多く上がっています。
 


 
アドラー心理学というものを伝えたいという
心理学会さんとドラマ制作者さんの思いは
同じハズですから、衝突というよりは
協力して、より良い作品になることを願います。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
[ad#]



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)