スタバのストロー廃止は日本でいつから?新しいフタのデザインも!

この記事は4分で読めます

スタバのストローが今後廃止になっていくという噂を耳にしました!

 

ひよこ
えっ?ストローがなくなるの?
アルパカ
どうやって飲むの?
って不思議に思いました!

 

そして、日本ではいつからストローが廃止になるのか気になったので調べてみました〜

スポンサーリンク

スタバのストローがなくなるのはなぜ?

スタバで冷たい飲み物を飲むとき、ストローは欠かせませんよね。

いったい、どうして廃止になってしまうのでしょうか?

その理由を調べてみたところ、 『環境への配慮』が大きな理由でした。

 

飲み物のカップに使用されているプラスチックは、再利用可能なものなのですが、

ストローに使用されているプラスチックは、再利用ができない種類なのだそうです。

 

そして、使い捨てられて、ポイ捨てされてしまったゴミたちが海に流されて、

海で暮らす魚やカメ、イルカなどが食べてしまって、消化できずに苦しむ・・・

そんな悪い影響が出ているようです。

 

もともとはホットコーヒーが主流だったはずのスターバックスですが、

現在はフラペチーノや、ティーも充実しているし、

世界的にも気温が上昇していることもあってか、

冷たい飲み物の方が消費されることが多いとのこと。

 

ですから、このストローの存在を無視できなくなってきた…ということです。

スタバだけではなく、マクドナルドもストローの廃止を宣言しています。

 

ひよこ
そのうち、コンビニでもストローがもらえなくなる日がやってきそうですね(・Д・)ノ
スポンサードリンク

日本でのストロー廃止はいつから?

スターバックスでは、世界的に2020年までにストローを廃止することを目標としています。

 

すでにアメリカとカナダの約8,0000店舗以上の一部メニューでは、

ストロー無しで飲めるカップの提供が始まっていて、

シアトルとバンクーバーでは、今年2018年の秋からは全メニューに段階的にストローなしで飲めるカップが導入されていきます。

 

気になる日本ですが、、、

 

日本、中国、シンガポール、タイ、ベトナムなどのアジア諸国では、一部のドリンクを対象に蓋の使用を試験的に導入するようです。

 

今のところ、「いつから」とはっきり決まっているわけではなさそうですが、

アメリカ・カナダでの反応などを見て、徐々に日本でも導入されていくことでしょう。

 

アルパカ
とりあえず、2018年のうちには、完全に切り替わるところまではいかなさそうですね。

 

ひよこ
当たり前が、当たり前じゃなくなる時がくるんですね〜

 

ストロー無しで飲めるフタってどんなもの?

スタバと言えば、あの緑のストローのイメージが強いですよね!

 

このストローが廃止されて、フタのデザインはどのように変わるのでしょうか?

 

ツイッターで画像を発見しました!

ひよこ
こんな感じ!

 


個人的には、結構好きです^^

 

ひよこ
ちゃんとこぼれないようにフタがされているし、飲み口の部分も割と飲みやすそうな気がします〜

 

でも、クリームが乗っているものや、チョコチップなどが入っているものなど、

やはり、ストローがあったほうが飲みやすいドリンクもあることも事実です。

 

そのような商品に対して、どう対応していくのかも、今後の課題ですね。

 

あと、どうしてもストローを使いたい、というお客さんのために、

現在のプラスチックに代わる、紙や、堆肥化可能なプラスチックを用意して提供するアイディアもあるそうです。

 

最近は、ものすごい暑い日があったり、

大雨が降ったりと異常気象もあるので、

やっぱり地球の環境が大きく変わっているんだなぁ。と思い知らされています。

 

アルパカ
たかがストロー、されどストロー。

 

そのうち、スタバのカップにもお金がかかるようになるような噂も聞いています。

(スーパーのレジ袋みたいな感じですかね。)

 

皆、マイマグやマイタンプラーを持って、スタバにいくようになるんですかね。

そうしたら、コンビニのコーヒーも変わってくるのかな、、、?

 

スタバファンやコーヒー好きにとっては、今後も注目しておきたい話題ですね!

 

何か新しい情報をゲットしたら、追記していくようにいたします^^

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!



この記事を読んだ方に人気の記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)